MENU

何を信じるかを明快にする考え方3選

f:id:mubou_rakuzi:20200628112806j:plain

自分で何を信じれば良いかが分からない。

 

そんな悩みを解決します。

 

 

 

目次

  1. 人生に正解を求めない
  2. 何があっても楽しむ
  3. 模範のレールはない

 

人生に正解を求めない

人が生きていく世界で、万人に共通する生き方は存在しない。

世界で何が絶対的な人生であるという法律もない。

どんな生き方であっても、自分の感覚に間違いはない。

自分らしい人生の歩み方に自信を持ち、前を見据えることが大切となる。

人の感情の中で私たちは日常を生きており、その曖昧で現代人は生きている。

人生で何が確実な生き方かは、証明されていない。

逆に、その事実を自分の味方につけることで、自己の幸せを体現できるようになる。

何が正解かは、自分自身の意思で自由に選択ができる上、考え方に間違いなどない。

だからこそ自分が選択する道を信じて、選んだ道を自分で正解にしていこう。

生き方に固定された概念はないから、自分の心から納得できる人生を歩んでいこう。

 

何があっても楽しむ

自分が生きることは、絶対的な価値観がない中で歩みを前に進めることである。

その場所に立ち尽くしても、自分が生きる状況を変えられない。

後ろ向きな気持ちでいれば、自分が感じる気持ちをただ消耗させるだけ。

自分自身か求める理想を掲げ、それを実現させる勇気が人生を幸せにさせる。

自分で何を信じるか信じないかは、誰でもなく自分自身の意志で選択できる。

楽しむ心を忘れないことが、常に自分の豊かさを体感できる。

その事実を忘れないことで、自分が実際に感じたい気持ちになれる。

人生を歩む中で、自分の意志に反する出来事に遭遇する瞬間が、誰にでも訪れる。

その瞬間を自分なりに、自由な解釈に努めてみる。

そうすることで、自分の今を楽しめる自分になれる。

 

模範のレールはない

人生を送ることは、自分で自分の歩みに自信を持つことが大事になり、何を選択するかを自由に決断できる。

誰かが既に敷いたレールを歩むだけでは、自分オリジナルの生き方を完成させられない。

何を感じ、何を実践していくか。

その目的意識があれば、常に自分らしい生き方を体現できるようになる。

誰かが作った道を、何をも考えないで辿るだけでは、自分の人生を生きた甲斐を感じない。

世間が表明する常識に縛られず、自由な意志を持って自由な人生を体感していこう。

 

まとめ

自分が信じることが、それかそのまま自分の道をとなる。

その道をに誇りを持つか持たないかは、己の判断に委ねられる。

どの感覚や感情を信じるかは、自分の心で自由に決断できる。

その事実を自分で理解することで、これからの未来を実りある時間にできる。

 

 

最後までありがとうございます!

 

//目次に表示非表示ボタンを表示させる