MENU

人生の所有権を確認する考え方3選

f:id:mubou_rakuzi:20200531091015j:plain

自分の人生は一体誰のものなのか、分からない。

 

そんな悩みを解決します。

 

 

 目次

 

人生は誰のものか

生きる時間は永遠ではなく、どこかで必ず終わりを迎える。

自分に与えられた時間の中で、いかに納得のいく人生を歩めるか。

その意識があるかないかで、人生の方向性はだいぶ変わってくる。

人生と言うステージで、自分自身にとってできる事は何か。

それを日頃から考え続けるマインドが大事になってくる。

自分の心のあり方を知ることで、自分らしい生き方を発見できる。

終わりがある人生の中で、自分が心から納得することをやり抜く力。

その力があれば、どんな状況であっても困難にめげず、自分の心を遺憾なく証明することができる。

その証明の積み重ねでこそ、人生の所有権を明確に認識できる。

  

自分と言う存在を認識する

人生の所有権を考える上で、自分自身のことを知ることが大切な一歩となる。

その一方踏み出せれば、どんな状況に陥っても自分の歩みを止めることなく、常に前を向いて歩んでいける。

世の中には絶対的な正解は存在していないし、どういう生き方であっても尊重される。

世間一般の誰かの意見によって、自分の行動や思考を制限してはいけない。

そもそもどんな生き方が正解なのかは、誰にもわからないのだから。

そのわからない中で、正解を期待するより、自分で最適な答えを見出していくことが大事になる。

世の中の価値観は常に流動的であり、何を信じていけば迷う瞬間がある。

迷いながらも、諦めず前に進み続けることが大切となる。

その繰り返しでこそ、自分と言う存在を自分で認識できるようになる。

 

人生は本人のもの

世間の評価に振り回されず、自分は自分として生きる。

そのストレートさが、自分と言う存在を証明させる。

誰かの人生を肩代わりせずに、自分が自分である意味を見出していく。

今ある状況と環境にまず感謝することで、自分が生かされている事実に気がつける。

誰かのご機嫌を取るために生きているわけじゃない。

自分が自分として生きるために、己の人生がこの世に存在している。

自分がどうありたいのか、それを自分の心と対話していくことが何よりも大事。

 

まとめ

人生の所有権は誰が持っているのか。

その一人ひとりによって、人生をコントロールする権利を持っている。

誰かの思惑に委ねられると人生じゃなく、自分で歩む道のりを決める。

その覚悟があれば、自分としての人生を確立しながら前に歩んでいける。

人生の所有権は、常に自分の心が握っている。

 

 

最後までありがとうございます!

 

 

//目次に表示非表示ボタンを表示させる