MENU

大切にしたいことを知る考え方 【日常の時間を振り返る】

f:id:mubou_rakuzi:20210128200511j:plain

 人生にとって大切なことが、最近見えない。社会の無言の圧力に従うことなく、自分が信じることを大事にする考え方を知りたい。  


 そんな悩みを解決します。


本記事の内容

・大切にしたいことを知る考え方




本記事の信頼性

この記事を書いている私は、現在ブログ歴10か月ほどです。 人生論を綴るブログ記事を300本ほど書いてきました。




今回は、大切にしたいことを知る考え方をご紹介します。


  人が大切にしたいことは、その人によって異なります。


 

生きている人が考える大事なことは、必ずしも一致するものではありません。  




   自分が大事にしたいことに正直に生きることが、大切にしたいことを再発見することにつながります。


  

この記事を読むことで、大切にしたいことを知る考え方を学ぶことができます。 

 


それでは、早速ご紹介していきます。

あわせて読みたいnote



思考で見える景色は違う


人の数ほど、思考は多様化しています。


  多様な考え方がある中で、そこから万人に共通する考え方を見出すことは不可能に近いものです。


 

自分が感じていること、他者が考えることは違うということを、自分から気づく必要があります。 

 




大切さを勝負しない


誰かと競争しても、自分が大事にしたいことを守ることに直結するとは限りません。


 

そして、自分が思うことはどんな状況でも他者にも当てはまりません。 




  自分が信じたい「大切さ」は、誰かとの競争で得られるものではないのです。


  大切にしたいことを知る考え方は、下記の3つです。


  

大切にしたいことを知る考え方
①人と自分は違うことを認識する
②大事にしたいことは身近にある
③その人が信じることを尊重する

 


  ひとつずつご説明します。




人と自分は違うことを認識する


  自分の生き方と他者の生き方は、価値観の違いによって異なるものです。


   無理に自分の生き方を誰かに合わせようとしても、どこかで歪みが生じてしまいます。


  

違う存在を無理やり矯正しようとする前に、自分が感じたい世界を明確にイメージすることが欠かせません。 




   他者と自分を同化させることに懸命になることは、自分の人生を盲目にしてしまいます。


  

自分が大事にしたいことに気がつくには、他者との比較を止めることから始まります。 

 




大事にしたいことは身近にある


人と競争することを手離すことで、新しく見えてくる世界があります。


  他者や社会のあり方にそのまま従っていると、それが自分の正解かのように錯覚してしまいます。


 

自分が本当に大事にしたいことは、自分のこと思考の中にあるものです。 




  周囲の動向に左右されていると、自分の思考と向き合う時間が取れなくなります。


 

誰かに自分の今を依存させるより、自分の内面を自分から掘り下げていくことが大事になります。 

 




その人が信じることを尊重する


大切にしたいことは、シンプルにそのまま大事にしていけばいいと思います。


  自分が大事にしたいことを他者が口出ししてきても、それは他者の評価に過ぎません。


 

他者の考え方に侵される前に、自分が本当に大事にしたいことを守っていく勇気を持ちましょう。 




  一人ひとりが大事にしたいことは個人の課題であり、人生が終わるまで分からないものです。


 

人生の最後に、自分が誇れる生き方を大事にしていきましょう。 

 




まとめ:大切にしたいことを知って、自分の生き方を見つめ直そう


  今回は、自分が大切にしたいことを知る考え方をご紹介しました。


  その人によって、人生で大事にしたい部分は変わっていきます。


  人生の絶対的な答えは存在しないからこそ、自分の心で信じるものに正直になっていきましょう。


 

自分が大事にしたいことを投げ出す前に、自分ができることを大切に受け止める視点を持つことが欠かせません。 




今回は以上です。

あわせて読みたいnote