MENU

対人関係を喜びに変える考え方3選

f:id:mubou_rakuzi:20200621113739j:plain

対人関係が恐怖でしかない。

 

そんな悩みを解決します。

 

 

 

目次

世界は自分だけじゃない

広い世界に視線を送る

現状を疑ってみる

 

世界は自分だけじゃない

対人関係で悩みを抱えている人は、現代社会に溢れいる。

人と人の間に距離感が生まれ、相手を受け入れられない空気が漂い始めいる。

その雰囲気だけに自分を当てはめようとすると、自分自身に見えないストレスが降りかかる。

ストレスをわずかでも蓄積させることで、それが引き金となり自身を崩壊させてしまう。

世間の評価に流されず、常識で思考を停止させてはいけない。

自分だけの殻に閉じこもっていても、自分が身を置く世界は何も変わらない。

変わることがあれば、それは自分の人生を生きられなくなるってこと。

自ら考えることを放棄したら、今見える世界が全てだと勘違いしてしまう。

既存の世界観を脱いで、自分以外の世界を学んでいこう。

 

広い世界に視線を送る

世界は自分だけのものじゃない。

自分じゃない他者の考えを知ることで、自身の悩みに柔軟に対応できるようになる。

悩みを抱える時は、自分の選択と方法が限定されているときにある。

逆に、自分が考えられる選択肢のバリエーションが豊富であれば、現状に頭を抱える必要がなくなる。

自分の思考の選択肢が広がれば、自分が行動を起こすことに自信を持てる。

自分のやりたいことに自信が持てれば、この世の中で堂々と歩みを進められる。

自信をつける上で、自分が知らない学びを深めていこう。

その姿勢があれば、自分が理想とする世界に飛び込んでいける。

現場に行き詰まりを感じたなら、自分以外の外の世界を感じる。

その小さな踏み出が、自分を自己成長の軌道に乗せることができる。

自分が知らない世界を知る事は、自分がワクワクできる人生を築けるようになる。

 

現状を疑ってみる

今の現実を正解にしない。

この世界には、人の数ほど多様な世界観が存在している。

実の世界は1つだけしか存在しないが、その個人としての世界は多様性に溢れている。

今の自分の世界は、自分だけが感じられるものである。

自分だけの狭い感覚で生きていれば、その世界が全てだと思い込んでしまう。

人は自分の想像でしか、物事を考えることができない。

いろいろなことを学ぶことで、自分がより豊かに生きることができる。

今と言う世界を別の角度から見ることで、自分の行動の範囲を広げられる。

何を考え何を感じるかは、その人の自由である。

自分自身の人生は、自分自身で好きなようにアレンジすることができる。

その可能性に気がついた瞬間に、人は現場から覚醒する。

 

まとめ

対人関係で悩みを抱えるなら、自分じゃない世界を感じてみよう。

世の中は色々な可能性で膨らんでおり、主体的に自分の可能性を広げていこう。

今の人生が、人生の終焉ではない。

対人関係で人生を放り出すより、自分ができることから着実に手をつけていこう。

 

 

最後までありがとうございます!

 

//目次に表示非表示ボタンを表示させる