MENU

他者と戦わずして生きる 【競争に幸せは訪れない】

f:id:mubou_rakuzi:20210124192838j:plain

社会で生きるなかで、無意識に誰かと自分を比較してしまい気持ちが疲れる。競争から離れる考え方を知りたい。   

 そんな悩みを解決します。


本記事の内容

・他者と戦わずして生きる考え方




本記事の信頼性

この記事を書いている私は、現在ブログ歴10か月ほどです。 人生論を綴るブログ記事を300本ほど書いてきました。




今回は、他者と戦わずして生きる考え方をご紹介します。


  人は自分の現在地を確かめるために、常に誰かと競うことを無意識にやっています。


   競争が自分の成長に直結するならまだしも、かえって心の負担になってしまう傾向が大きくあります。


   誰かと競う心を手離すことで、自由な幸せを体感することができます。


  

この記事を読むことで、他者と戦わずして生きる考え方を学べます。

 


それでは、早速ご紹介していきます。

あわせて読みたいnote



自分の価値基準を捉える


現代社会は急速な早さで、人の価値観が揺さぶられるようになっています。


  その状況で、人は自分の価値観を確かめるために、誰かと自分を競争するようになりました。


 

他者の生き方に左右されるより、自己の価値観を知ることを優先させたいところです。 

 




戦いから積極的に離れる


 現代で生きる人は、他者との関わりを通して自分を認識していきます。


認識する過程で自分を過小評価したり、過大に評価するといった、拡大解釈を進めがちになります。


比較競争によって、人は自分の現在地を誤って捉えてしまう傾向があります。


比較することを、一旦離れてみる勇気を持つことが大事になります。


他者と戦わずして生きる考え方は、下記の3つです。


他者と戦わずして生きる考え方
①自分の存在を知る
②競争に幸せは宿らない
③自分の価値基準を把握する




ひとつずつご説明します。




自分の存在を知る


時代が進なかで、人との競争は激しさを増しています。


  誰かの上に立つことが、自分を認めることだと錯覚してしまうことがあります。


 

しかし、誰かを蹴落として自分の立場を上げたつもりでも、実際の状況は異なります。  




  誰かを落とすことは、自分の心を貶めることを意味します。


 

一時的な気持ちよさに取り込まれることなく、自分の今の存在を確かめる時間を持つことが大切です。 

 




競争に幸せは宿らない


自分の優位性を示そうと、他者に対して否定的になっても、何も始まることはありません。


 

自己の存在を競争から見出すより、自分から気がつくことが大事な要素です。




  人との対立から幸せを掴もうとすると、いずれ自分を堕落させることになります。


 

不毛な競争にこころを振り回されることなく、まず自分を肯定して認めていこう。 

 




自分の価値基準を把握する


誰かの基準を曲げようとして、それは他者の生き方を根本から否定することになります。


 

誰かを卑下することなく、自分の気持ちに目を向けることが必要です。  




  社会に存在している様々な価値基準に迷わず、自分に優しく大切にする姿勢が欠かせません。


 

人の判断基準の中に生きるより、自分の価値基準を明かす探究心を持っていこう。  

 




まとめ:他者と戦わずして生きることで、自分を大切にしていこう


   今回は、他者と戦わずして生きる考え方をご紹介しました。


   人は誰かと勝負することで、自分の存在意義を知ろうとします。


   しかし、比べることは人生の最終的な目的じゃなく、生きるひとつの過程に過ぎないものです。


  

他者との競争に飲まれるより、自分のあるがままの存在を受け止めることが大事になります。  

 


  今回は以上です。

あわせて読みたいnote