MENU

つまらない人生を破壊する考え方3選

f:id:mubou_rakuzi:20200528092824j:plain

人生がつまらない。どうやって人生を生きていけば分からない。

 

そんな悩みを解決します。

 

本記事の要約

 

 

目次

 

自分がどうなりたいのかを思う

f:id:mubou_rakuzi:20200528092820j:plain

今の自分自身に閉塞感を抱えているなら、これからどうありたいのか。

自分の心が求めていることがあれば、それを誠実にやり遂げるだけで良い。

できない理由を考えるのは、まずはやってからでも遅くない。

やってもないのに理由ばかりを求めていては、何も始まる事は無い。

始まることも自分で制限していては、どこにも旅立つ事はできない。

人生の旅を有意義な時間にするのは、誰でもなく自分自身の心が決める。

自分自身の心と誠実に向き合うことで、現場の退屈さを打ち破るきっかけになる。

そのチャンスを生かすのは、今の自分自身のマインドである。

 

自分にとってつまらないとは何か

f:id:mubou_rakuzi:20200528092815j:plain

自分が感じているつまらなさとは何か。

自分の言葉で説明できれば、それをいつでも打ち破れるようになる。

つまらないことを自分で分析することで、得られてくる経験がある。

その経験があればこそ、自分の可能性を開けるようにある。

つまらないのは、それは自分の感情が認識した気持ちに過ぎない。

それが人生の全てであるわけじゃないし、それは表面的なことでしかない。

どうしてつまらないのかを自分で分析していくことで、今まで気づかなかった感覚に出会うことができる。

言葉として細分化することで、今の現実を正面から受け止めることができる。

  

現場はいつでも破壊できる

f:id:mubou_rakuzi:20200528092812j:plain

自分が感じている世界は、いつでも自分で見方を変えられる。

自分の感じ方を変えることで、今の現状を変化できるようになる。

今の生き方に空白感を感じているなら、それは飛躍のチャンスである。

自分の心が変われば、今の現実を自由自在に操れるようになる。

現状を本気で変えたいなら、今の自分の心の声に耳を澄ませよう。

心の声を素直に聞くことで、今後の自分がどうしていくかが明らかになる。

誰かの意見を全てと捉えないで、多様な考え方があることを知る。

現場を破壊する可能性は、いつでも自分の心に眠っている。

その眠りから覚ますのは、自分の本気の行動である。

  

まとめ

つまらない人生は、誰が決めているのか。

つまらないと感じるのは、紛れもなく自分の心である。

その自分自身の受け取り方を変えることで、今感じているつまらなさを変えることに繋がる。

自分がどういう感情を抱きたいのか。

それを気持ちの中で定めることで、いくらでもコントロールできる。

心からワクワクした人生をつかみたいなら、今からワクワクした気持ちを抱いて生きていこう。

 

最後までありがとうございます!

 

//目次に表示非表示ボタンを表示させる