MENU

【人生】夢や希望が生きる意味になる考え方

f:id:mubou_rakuzi:20200711105205j:plain

人生に何の意味があるかわからない。夢や希望を持つと良いと言われるが、どうやって見つけるかが迷っている。人生を有意義にするコツを知りたい。

 

そんな悩みを解決します。

 

この記事を書いている私は、現在ブログ歴10か月ほどです。

人生論を綴るブログ記事を200本ほど書いてきました。

 

今回は夢や希望を持って生きるコツを紹介します。

自分の心と向き合うことで、生きていく夢や希望を抱けるようになります。

 

それでは、早速ご紹介していきます。

 

 

 

目次

 

人生を生きる意義とは?

自分が生きると言う事は、果たして何を意味しているのか。

現代社会は多様な価値観が溢れており、何が正しいのかが見えない世の中になってきています。

それを自分の感覚で向き合い続けることで、人生の意義を見出せるようになっていきます。

人の数ほど価値観は違うので、人生の意味もその数ほど存在しています。

生きる意義はその人自身が、一番理解しているはずです。

人生の中で様々な経験をして、その過程で人生の意義が見つかります。

 

人生に何の価値も見出せない

生きる事は、自分自身の感覚と会話し続けることです。

人生の価値は、この世の中に答えとなるものはありません。

そもそも、自分の人生に価値を無理矢理見い出す必要は無いのです。

自分がやりたいことがあれば、それに集中し続けることが、自ずとと人生の指標になっていきます。

今この瞬間に、人生の価値が分からなくても、気持ちを焦らせる必要は全くありません。

 

夢がなくて生きている実感がない

人生を過ごすなかで、自分は何をやりたいのかを明確に持った結果、それが自分の人生になっていきます。

人は初めから夢を抱ける存在ではありません。

人は本来弱い生き物であるから、信じられる夢を確信できるまで、複雑な迷いや葛藤を経験します。

今の時点で信じられる夢がなくても、そこで絶望を選ばなくて良いです。

人生は今すぐに終わるわけじゃなく、まだ未来に向かって続いていきます。

その過程の中で、自分の希望の原点となる夢を見つけることができます。

 

希望を持って生きる自信がない

大きな夢を持たなくても、人は生きることができます。

生命活動だけをするならば、夢は必要ないパーツなのかもしれません。

しかし、人は大志を描くことで、自分のこれからの歩みに自信を持てるようになります。

夢は自分の未来に向かう原点であり、希望は、現実を生きる勇気になります。

希望を持つことで、今この瞬間を生きる力を持てるようになっていきます。

 

人生を生きる理由を知る

人が生きる理由は、この世界に存在していません。

生きる理由とは、後天的に考えられる価値観を指します。

人は思考が発達してきた分、自由に考える力を育んできました。

その結果、人生のあり方について深く考える時間が生まれてきたのです。

自分が生きていく理由は、自分が主体的に発見していくもの。

自らの人生に責任を持って、自分が生きる理由を自由に選択していきましょう。

 

今をどうやって生きていくか

これからを生きる上で、自分の今と向き合う時間を作る事は大切なテーマです。

何かにとらわれず、自分の心に正直になって「今」の時間を見つめてみる。

その過程を経て、自分がやるべき「今」の自分の姿が見えてきます。

今を生きる事は、自分の感覚と心で自由自在にアレンジできます。

自分が生きたいように生きるその瞬間が、自分の「今」を形成します。

 

夢や希望が持つ可能性

人生を生きる中で、自分が向かうべき道すじを明確にイメージしていく。

そのマインドは、自分の歩みを止めず、自身の幸せにとって大切な存在になります。

人生に夢や希望を抱くことで、自分の生き方に自信を持つことができます。

夢や希望を抱いた人生は、自分の幸福を叶えてくれます。

 

まとめ:夢や希望が、自分が生きていく道標を示してくれる

自分の人生を歩む中で、夢や希望は、人生をより豊かに生きる信念となっていきます。

人生に迷って不安を抱えているなら、夢と希望を生きている時間の中から少しずつ見出していきましょう。

生きる意味を見つけるため、自分から夢と希望に対する考え方を試してみてください。

 

 

最後までありがとうございます!