MENU

自分の夢を忘れない考え方3選

f:id:mubou_rakuzi:20200618102555j:plain

自分の夢を忘れずに生きたい。

 

そんな悩みを解決します。

 

 

 

 

目次

現状に満足しない

自分の気持ちに正直に生きる

何かに縛られずに生きる

 

現状に満足しない

社会のしがらみを考えていれば、それだけで自分の気持ちが窮屈になっていく。

やりたくない仕事をやっていても、自分の気持ちに誇りを持てなくなる。

そんな現状を送るなら、自分が本気になれる夢に向かっていこう。

人が考える夢は、人それぞれの形がある。

どの夢が現実的であるか、どんな夢が叶えやすいのか。

そのように考えるより、まずは自分の気持ちに誠実になろう。

他社の考え方に自分を同調させず、自分がやりたいことをまっすぐに表現していこう。

いやいやな現場に無理矢理自分を満足させようとしない。

やりたくないことに、幸せは永遠に訪れない。

 

自分の気持ちに正直に生きる

自分自身が本気で叶えたい夢があれば、それに向かって行動をし続けよう。

どんな行動であっても、まずは踏み出さなければ何も起きない。

自ら主体的に行動し続けることで、自分が求める世界を叶えられる。

その感覚をいつでも持ち続ける事は、自分の生き方に自由を与えられる。

何かに囚われ続けていても、自分の気持ちを表現できないで終わる。

自分自身に正直に関わることで、自分が行きたい瞬間を生きられる。

誰かの評価を気にして生きるより、自分の心からやりたいことを表現していこう。

たとえ小さな行動であっても、簡単に諦めず継続することが何よりも大切。

 

何かに縛られずに生きる

自分の気持ちを固定化させず、自分が決意したことをまっすぐにやり切る。

その心構えが、本当の自分としての人生を体験させてくれる。

見えない何かに縛られず生きることで、感じる世界を変えられる。

世の中の動きに同調しても、そこから自分の人生に豊かさは訪れない。

自分自身で今の現状に気づいて、自ら行動を起こす勇気。

それがあれば、今の現状を打ち破れる。

自分の世界を帰るのは、自分自身の気持ちでしかない。

どういった気持ちで日々を過ごすかが、その人の幸せになっていく。

その人の幸せは、誰かに決めてもらうものではない。

自分がやりたいことを自由に表現し続けることが、その人の真実なる自由につながる。

 

まとめ

自分の夢を忘れないことが、本気の夢に結ばれていく。

自分がどういう夢を叶えたいかが、その人の人生の豊かさを決める。

その夢は「どう生きたか」を後押ししてくれる存在であり、見えない不安に心をすり減らさなくて済む。

たった一度きりの人生を、どう生きるか。

それは、いつでも自分で自由に思い描ける。

 

 

最後までありがとうございます!

 

//目次に表示非表示ボタンを表示させる