MENU

自分の信念を貫くコツ3選

f:id:mubou_rakuzi:20200503183759j:plain

 

世の中は多様な情報が流れている。

その情報に自分の日常が翻弄されるか、それを活用するか。

それはその人次第でもある。

誰かに強制されるわけでもない。

必要なことであれば、その情報をもとにして豊かな人生に生かしていけば良い。

ただ、本当に必要な情報かどうか。

それを見極めるのも、自分を強かにする方法でもある。

自分の信念を信じて貫くコツを書いてみた。

 

 

 目次

 

何をやりたいかハッキリさせる

f:id:mubou_rakuzi:20200503183756j:plain

自分が生きることで、何を得られるか。

得られることがあれば、それを引き続き継続するべし。

自分の人生であるから、何に挑戦するかしないか。

その選択は自分で決定できる。

人に自慢するような次元でやりたいことを追求する必要はない。

自分で自分の心を納得させられれば良い。

他者に対して雄弁に語らなくても、自分が心から納得できていれば良い。

今の自分の心に問いかけることで、やってみたいことが現れる。

 

ハッキリしなくても、自分の存在を忘れない

f:id:mubou_rakuzi:20200503183751j:plain

人生の中でやりたいことがなくても、それは決して否定されるものじゃない。

生き方はその人自身で決められる。

その自由さを謳歌することは、いつだって自分で選択できる。

その選択肢は誰の心にもあるからこそ、自由な人生が存在している。

自由に自分を表現することが、自分の存在と価値を再確認するきっかけ。

生きている実感を得ることで、目的設定に縛られない生き方に近づける。

己の心を忘れないことが、自分としての存在を確認する方法となる。

 

人生で大切にすることを考える

f:id:mubou_rakuzi:20200503183746j:plain

目的に縛られるより、他者からの評価に一喜一憂するより、大切なことがある。

それはいつでも自分の心の中にある。

ありきたりな言葉になるが、その言葉をかみしめて日々を生きる。

そうすると、シンプルに大切にしたいことだけに囲まれて生きられる。

本気で大切なことを発見できることで、純粋に大切なことを本気で大切にできる。

自分の心を忘れないことは、自分の生き方に誇りを持つことになる。

その心を有り様を、他者評価に終始しないで自分がやりたいことで生きること。

確かな自分を抱くことは、自分の信念をブラさないこと。

自分が納得して満足できる事柄とだけ、真摯に向き合い続ける。

その姿勢を崩さないことで、現代社会や他者からの余計な心配に心を乱されることはなくなる。

自分ができることに集中するだけを専念して、結果が出るまで待つのみ。

複雑に問題を肥大化させないで、自分としての信念にだけ目を向けよう。

 

まとめ

現代社会の雰囲気に流されない。

ただ流されても、自分の存在が次第に消えることになる。

人はいつかは命が絶える。

絶えるからこそ、最期と言う結果があることに変化はない。

その途中にあるプロセスを認識して、心で受け止める。

自分が本当に何者なのかを知る過程が、自分を貫くことになる。

 

 

最後までありがとうございます!

 

//目次に表示非表示ボタンを表示させる