MENU

【生きる】自分が生きていく理由を言葉から学ぶ

f:id:mubou_rakuzi:20200716103750j:plain

世の中は不公平に時が過ぎ去っており、自身の幸せを見失っているから、自分が生きていく道を明確に言葉で探求したい。

人生を生きていく理由を教えてほしい。

  

そんな悩みを解決します。

 

この記事を書いている私は、現在ブログ歴10か月ほどです。

人生論を綴るブログ記事を200本ほど書いてきました。

 

今回は、生きる理由を探る方法をご紹介します。

世の中、自分が思い描いた通りのことを実現できないことが多いはず。

そんな状況であっても、自分らしく生きる考え方があります。

 

それでは、早速ご紹介していきます。

 

 

 

目次

 

人生の定義

人が生きることは、その人の感覚に左右されていく。

何が正しくて、どれが間違っているかは、その人の判断と選択に委ねられる。

自分が生きることは、自分の気持ちにそっと向き合いことを意味しており、そこから自分としての人生が始まっていきます。

人生の定義は、人が自由に決めることができる。

 

生きることの理由とは?

自分が今を生きるにあたって、一体どんな意味があるのだろう。

その問いを立てることで、人生の確信を探す旅がスタートできます。

なぜ人は今を生きているのか、そこを自分の中で問い続けることで、少しづつ人生の姿を輪郭として捉えることができる。

人生の理由を考えていくことは、今いる自分の心を受け止めることにある。

 

人生を生きていく覚悟

生きる理由は、世界中の人にとって共通するものでは到底ない。

人生の理由は、自らの感覚と気持ちで一歩ずつ発見していけるものであり、瞬間的に目の前に出現することはありません。

まずは、自分の今の状況を受け取める。

そこから、自分が生きていく為の覚悟を決意できます。

 

生きる理由を明確にする言葉

自分が人生を歩んでいく上で、自らの考え方や感性を大事にすることが求められる。

生きる覚悟を固めれば、自分の人生に誇りと自信をもつことが可能になり、新しい自分の未来を創造できるようになります。

自分自身が生きる理由は、自らが日常から触れる言葉によって作られる。

生きるに関係する言葉は、いつだって身の回りに存在している。

見えないカタチで存在する言葉に気が付ける、自身のアンテナを張り巡らせておこう。

 

理由は後付けである

自分が生きていく理由は、今を生き続けることで見いだせるようになる。

そこを理解しておけば、将来における不安を解消させる原動力になっていきます。

人生を生きる理由が明確になれば、それだけを信じて突き進んでいこう。

真っ当な理由を初めに考えないといけない理由はない。

だから、自分が納得して感じるられる理由は、後から付いてくるもの。

 

生きていく中で見えるもの

自分が生きるなかで、見えてこなかったことを鮮明に捉えることが可能になってくる。

ただ、生きる為に理由に縛られているようでは、本質的な生き甲斐を感じないで人生が終わってしまう。

自分を生かすことで、今の自分が本心でからやりたいことを見出せるようになっていきます。

人の命はどこかで必ず朽ち果てる。

その瞬間を迎えるまでに、自分の今を大切に過ごしていきましょう。

 

言葉と正面から向き合う 

生きることを深く見つめることで、自分の人生に生き甲斐を持てるようになります。

本質を探るために、自分の気持ちを言葉で分析していく積み上げが大切になっていく。

言葉には、自分の歩みに自信を持たせてくれるスパイスが隠されています。

 

まとめ:生きていくことで、自身が納得できる生きる理由を知ろう

自分が生きていくことで、自分の気持ちと向き合い続けた先に、自らが求めるたい人生の道が現れてきます。

今回取り上げた内容を、普段の生活から試していってください。

 

 

最後までありがとうございます!

 

//目次に表示非表示ボタンを表示させる