MENU

自分がやりたいことに没頭する【夢中が人生を変える】

f:id:mubou_rakuzi:20200828063108j:plain

自分が生きていくなかで、自分がやりたいことだけをやり尽くして人生を全うしたい。その感覚を自分で体感する方法を知りたい。

 

そんな悩みを解決します。

 

この記事を書いている私は、現在ブログ歴10か月ほどです。

人生論を綴るブログ記事を200本ほど書いてきました。

 

今回は自分がやりたいことに没頭する考え方をご紹介します。

 

人生を生きることは、二度と巻き戻せない時間を過ごすこと意味します。

 

自分が何をやるかは、いつでも自分の意志で決めることができます。

 

それでは、早速ご紹介していきます。

 

 

目次

 

自分の人生

 

今までの人生を考えるなかで、自分がやれる事柄を想像することが、自分らしく生きていく糧になっていきます。

 

その生きる原点を知ることが、自らの生きがいを自由に創出してくれます。

 

自分が生きることを真剣に考えるなかで、自分が本当にやるべき目的が鮮明に見えてきます。

 

その原点に自分から気が付けるかが、自らの本当の気持ちを発見できるようになります。

何を選択するか

 

自分が求める人生の在り方を本気で模索することが、自分の気持ちに嘘つかないで生き方を表現できます。

 

何を選択して何を人生から捨てるかは、その個人の意志によって決断できます。

 

その瞬間を自分の時間として生きていく覚悟を決めることで、自らが信じる本質を見出せます。

 

人生を過ごすなかで、自分が選ぶ道は自由自在にコントロールできます。

 

その際、人に責任を押し付けて生きているようでは、自分の本心から成し遂げたいことが目の前から消えてしまいます。

 

自分がどんなことに没頭していきたいかを、日常の時間のなかだ問いかけ続ける作業が必要になっていきます。

 

生き方は自分次第

 

自分がどんな生き方を実現させていかは、時代や社会の動向は当てにならない。

 

周囲の声に翻弄されていれば、自らが本気でやりたいことに出会えなくなり、夢の実現から遠ざかるだけになります。

 

自分が生きれる人生は、今その瞬間に今と未来の可能性が凝縮されています。

 

夢を本気で実現させる気概を忘れず、どんな人生を選択していくか真剣に考えていこう。

 

自分が進む道は目の前に無限に広がっており、いつでも一歩踏み出す権利をあなたは所有しています。

 

その誰もが持っている権利を実際に行使するかは、自分の本心に委ねられています。

 

今の瞬間に生きる 

 

自分がどんな瞬間を生きていくかは、自身の決断によって変化していきます。

 

自分が理想とする状況は、今からどんな行動を積み上げるかで大きく変わります。

 

その可能性を自分がまず信じることで、今を生きる瞬間を大事に生きていく覚悟を決められます。

 

曖昧に今を生きていても、得られる信念は薄っぺらいものにしかなりません。

 

今という時間は未来に取っておくことができず、本当に今しか使えない。

 

その事実を自分で理解することは、自分が夢中になれることに出会える確率を高めてくれます。 

没頭が人生を変える

 

今という二度と戻らない時間を過ごすなかで、自分がすべての迷いを忘れるほど打ち込めることを発見することが人生の幸せを実現させます。

 

時間を忘れて自分な世界に夢中になれる心境を体感することで、自らの行動を明確なものにできます。

 

迷いがあるうちは、どんなことを経験しようが、中途半端な結果で終わってしまいます。

 

自分の感情を突き動かす行動が、必ずあなたの人生を好転させていきます。

 

その積み上げを日常のなかで意識すらことが、自分の幸せを現実のものにしてくれます。

 

選択と集中

 

自らがどんなことに没頭して人生を過ごしていくかに、世界で定められた法律は存在していません。

 

そのため、自分がやるべきことを一つずつ積み重ねていく時間が、自らの人生を幸せにする確率を高めます。

 

そのため、自分が過ごす時間の価値を見直す必要があります。

 

その感覚を自分で養うことが、自分の人生における本質を理解する原点になります。

 

自分自身がどんなことを経験して、何を捨てるかで人生の時間をより充実させることが可能です。

 

人生は永遠ではないので、自分に残された時間の価値を見つめ直すことで、やりたいことに後悔することなく選べます。

 

心の本質

 

人の人生に絶対的な正解はないので、自分がどの道を選んで生きていくかが最大のテーマになります。

 

自分がどう生きていくかは、誰かに全ての環境を整えてもらうことではなく、自らの意志よって選択していくことが大事になります。

 

どんなこと生き方を選択するにしても、自分が感じている心の本質を日常から実感していくことが大事になります。

 

他者に人生の生き方を任せることなく、自分の人生の責任を全うする覚悟を失わないことが必要になります。

 

自分が本気で夢中になれることの存在は、自分の人生をより豊かにさせてくれるでしょう。

まとめ:自分がやりたいことに没頭して、夢中になる人生を歩もう

 

今回は自分がやりたいことに没頭する考え方をご紹介しました。

 

どんな人生を歩むにしても、自分が納得できる道を主体的に選択することが大事になります。

 

そのように自分が自分らしく生きていくために、夢中になれる瞬間を増やしていく覚悟が人生を生きるなかで大事になります。

 

最後までありがとうございます!

人生攻略ロードマップ 「個」で自由を手に入れる「10」の独学戦略

新品価格
¥1,386から
(2020/8/28 06:36時点)

組織にいながら、自由に働く。 仕事の不安が「夢中」に変わる「加減乗除( -×÷)の法則」 [ 仲山 進也 ]

価格:1,650円
(2020/8/28 06:37時点)
感想(2件)

//目次に表示非表示ボタンを表示させる