MENU

今の自分に感謝する考え方3選

f:id:mubou_rakuzi:20200621185318j:plain

今の自分に感謝できない。

 

そんな悩みを解決します。

 

 

 

目次

生きていることに喜びを感じる

どういう自分でありたいのか

生きていることが全て

 

生きていることに喜びを感じる

人が生きると言う事は、自分の今を感じることにある。

今を生かされている自分であると、心から感じてみる。

そうすることで、自分が得られる心の機微を明確に知れるようになる。

今の自分が何を成すかで、今とこれからの生き方が変わってくる。

些細なことであっても、今自分が生きていることに実感を持とう。

自分の今を生きる中で、自分に向けて言葉を問いかけていく。

その作業があって、自分の中身が更新されていく。

今を生きていることに喜びを感じることが、自分らしい生き方を実現させる。

惰性で生きていても、何も幸せな瞬間にずっと気づけない。

自分から主体的に生きる過程にこそ、今を当たり前と思わない幸せを感じられる。

  

どういう自分でありたいのか

自分がどいいった瞬間を心で感じたいか、その辺の問いかけを明確にしておきたい。

どんな生き方であっても、自分の生き方は否定されるものじゃない。

生き方は千差万別であり、何が正解という単純なことじゃない。

ボンヤリと今を生きていても、そこから確信的な自信は得られない。

感謝を続ける姿勢があれば、自分が生きる価値が見えてくり。

何かにすがってばかりじゃなく、自ら生き様を発見していく過程を大事にしよう。

自分以外のことに依存していても、何も変化は生まれない。

人は自分だけのことを考えても、そこからの成長は果たせない。

現状に満足することは、現状の自分を退化させるきっかけになる。

どうしても叶えたい夢が、自由な時間と自分を作ってくれる。

夢を持てる自由さに、まずは感謝していこう。

 

生きていることが全て

人生を生きる中で、自分の今に感謝していこう。

今を生きる実感を知ることが、本来の自分になっていく。

その姿勢があれば、自分が生きる理由になる。

感謝を自らの心と思考に感じることで、生かされている意識を鮮明に持てるようになる。

生きている自分に感謝できれば、どんなことであっても苦しむことがなくなる。

人生を生きることは、自身にとって予期せぬ瞬間を感じることになる。

予想していない瞬間にこそ、自分がもとめる人生がある。

生きていないと、自分が求める理想は一生手にできない。

 

まとめ

自分が生きることに感謝し続ける姿勢が、新たなる道を創造させる。

感謝しないで、今が当たり前のだと錯覚することに人生の衰退が始まる。

現状を疑う姿勢を忘れず、今の自分にできることを大切にしていこう。

 

 

最後までありがとうございます!

 

//目次に表示非表示ボタンを表示させる