MENU

自分に嘘をつかない考え方

f:id:mubou_rakuzi:20200611082350j:plain

嘘で人生を正直に生きられない。

 

そんな悩みを解決します。

 

 

 目次

 

自分自身に嘘をつくと苦しくなる

現代社会を生きていく中で、自分が何を求めていくのか。

その問いを自分に立てることが、自分が正直になって生きられるきっかけになる。

自分の心を嘘で支配してしまえば、自分が生きる現実も暗くなる。

心と現実はリンクしており、どう感じているかが豊かな時間を過ごす鍵となる。

自分の生き方に嘘をつかないことで、自分の心が思ったことを実現できる。

嘘で塗り固めていれば、自分が生きる現実世界も嘘ではびこるようになる。

偽りの世界で生きているなら、自分の心はいずれ寂しいものになる。

 

 

苦しさに幸せはやってこない

自分で苦しいと感じているなら、その気持ちはずっと苦しいまま。

苦しみを感じる状況は、いきなり幸せに転換される事は無い。

日頃からどう感情を整えていくか、それを知ることが自分らしい生き方を知ることになっていく。

望むだけで幸せはやってこないからこそ、自分自身で苦しみと対面していく勇気が大切になる。

自分の気持ちに嘘をつき続けるなら、自分の人生も嘘で作り上げられる。

正直な気持ちを忘れずに生きることで、自分が心から追求したい幸せを実現できる。

幸せと言う形は、自分の目では見ることができない。

実体がないものを、いかに実体のあるものとして感じることができるか。

その感性を磨き続けることで、自分の生き方を幸せにすることができる。

嘘で心を病ませていても、何一つ良いことはない。

 

 

正直な自分で生きよう

自分がやりたいことがあれば、それだけに集中して人生を歩んでいく。

その取り組みがあってこそ、自分がやりたいことを明確に決めることができる。

不安な心で生きているだけでは、自分が本当にやりたいことが日々見えない。

自分の心が常に納得感に満ち溢れた感情があれば、本気でやりたいことを没頭できる。

その気概を忘れずに突き進んでいけば、自分の理想を具体的に掴み取ることができる。

どういう自分として生きたいか。

自分への問いかけを忘れないことが、自分本来の生き方となっていく。

いつだって正直な自分で生きていこう。

 

まとめ

自身の心の機微を知ることが、自分が求める幸せを掴めるようになる。

寂しさが続いていけば、自分が求める幸せの形から遠ざかっていくばかり。

自分がやりたいことがあれば、それを実現させるために知恵と経験を結集させていこう。

自分の人生に誠実になって生きることが、自分の気持ちに幸せな瞬間を体感できるようになっていく。

 

 

最後までありがとうございます!

 

//目次に表示非表示ボタンを表示させる