MENU

自分の生きやすさを実感する【自由に生きる】

f:id:mubou_rakuzi:20200914070739j:plain

 現代社会のなかで、どのように幸せを感じれば良いのかが分からない。自分が生きやくなる考え方を知りたい。 




そんな悩みを解決します。



本記事の内容

・どう生きるかを知る 
・自由に生きる原点

 


本記事の信頼性

この記事を書いている私は、現在ブログ歴10か月ほどです。 人生論を綴るブログ記事を200本ほど書いてきました。




今回は、自分の生きやすさを実感する考え方をご紹介します。  


時代の変化が激しくなる状況で、自分がどのように生きていくかは、自分自身で選べます。   


人生に決まりきった正解はないので、自分の心が求めることを現実で表現する自由さを大事にしましょう。   


この記事を読むことで、あなたの人生がより豊かに生きやすいものになります。  




それでは、早速ご紹介していきます。


あわせて読みたいnote
目次



人生を生きる




この世の中で生きることは、自分の想いを誠実に表現することです。  


自分がどう生きたいかを頭と心に問いかけることが、納得できる人生を送るコツです。  

自分がどうありたいか




あなたがどう人生を過ごしていきたいのかを、冷静になって考えてみる必要があります。  


人生を楽しく生きることは、自分の考え方や受け取り方をちょっと工夫することで実現できます。  


生きやすさを感じるコツは、下記の3点です。  


生きやすさを感じるコツ3点
①社会の流れは止まらない
②他者の評価をあてにしない
③自らの心に信念を持つ 

 


1つずつ解説します。  


 

社会の流れは止まらない

 


  自分がどんなことに幸せを感じるかは、その人によって感覚が異なります。   


一人ひとりの価値観は違うため、人に自分の生きやすさを押し付ける必要はありません。   


それと同時に、社会の価値観も時代とともに変化の一途を辿ります。

  


人間一人ひとりが信じている価値観はその時代によって変わるので、自分の価値観だって普遍的なものではないのです。   


そこを意識することで、自分が信じる想いを明確に設定できるようになります。 

  


 

他者の評価をあてにしない

  


  社会の流れは、こらから先も変わることなく進んでいくでしょう。    


  その状況にあると、人は周囲の情報に振り回されるようになります。    


 

社会に流れがあることは、その雰囲気のなかで新しい価値観が登場し、常にアップデートされていくことを意味します。  

   


  そのため、周囲が信じている価値観の基準はその都度の状況で曖昧にカタチを変えていきます。    


 

移ろいゆく価値観を基にした評価に翻弄されず、自分が大事にしたい心を抱くことが求められます。   

      


 

自らの心に信念を持つ

   


  多様な価値観の変遷に惑わされることなく、自分が信じることに意識を集中することが大事です。     


 

自分の人生を作るのは、自分の内面にある心であり、他者の言動ではありません。 

    


  生きやすさを感じるためには、人から拘束されている感覚から脱却する必要があります。     


  目に見えないものに縛られているときに、人は心の不自由さを顕著に感じるものです。     


 

自身の心を解放させることが、自分の生きやすさにつながっていきます。  


     
 

自由に生きる原点

    


  生きる原点とは、自分で歩んでいく道を決めていくことです。      


  人生の充実さは、自らの心を解放させることにあります。      


   人生を自由に生きる考え方は、下記の3つです。      


 

自由に生きる考え方3つ
①自由を感じる生きる
②自分で決断する
③選んだ道に自信も持つ

     


  1つずつご説明します。      


  

自由を感じて生きる

     


   人生の自由を手にするために、他者のことを深く詮索しないことが大事です。       


   相手に対して、あれこれと心を支配されていると、自分の主体性が影を潜めることになります。       


  

人の気持ちや生きてきた背景は、表面的な情報だけでは掴めません。

      


   どんなにがんばっても、100%相手の全てを理解することはできません。       


   自分ができること、コントロールできないことを線引きすることが必要になります。       


  

どうやっても変えられないことに頭を悩ませるより、自分で自由に選べることに時間と意識を向けていきましょう。

         


  

自分で決断する

       


選んだ道に自信も持つことで、自分が自由を感じる体感時間を増やせるようになります。         


  

 他者から指示をされて、いつも受け身の行動した取れでいないとしたら、それだけで幸せを実感する機会を損失することを意味します。  

        


   自分から決断する勇気が、人生の選択肢を広げるひとつのきっかけになります。         


  

自分の人生を思い通りに生きたいなら、自分から主体的に行動していきましょう。  

        


   

まとめ:自分にとっての生きやすいさを大事にして、幸せを感じる人生を送ろう

        


   今回は、自分にとっての生きやすさを大事にする考え方をご紹介しました。          


  自分の人生を生きることに関心を持って、本当にやりたいことに時間と意識を向けていく姿勢を忘れずに生きていきましょう。          


 

自分でコントロールできないことに意識を支配されるより、自分の心が求めることを大事にしていこう。 

         


  今回は以上です。          


  あわせて読みたいnote

//目次に表示非表示ボタンを表示させる