MENU

人生で自分の心と向き合う考え方3選

f:id:mubou_rakuzi:20200519091738j:plain

 

 

目次

 

自分が本気になって望む

f:id:mubou_rakuzi:20200519091734j:plain

自分が本気になって挑む人生、それにこそ自分が本気で行きたい人生を掴める。

その感覚を忘れずに自分で見出す。

その勇気を常に忘れずに胸に刻んでいきたい。

自分の人生は誰かが築き上げるものではなく、今を生きる自分が作っていくもの。

本気になって自分の人生と向き合った瞬間に、自分が何を明確に感じられる。

その感覚を忘れずに現実の世界で表現し続けよう。

その表現方法は、個人個人で違っている。

生きている人間が全く同じ感覚であるとは限らない。

自分が持っている感覚を身信じることで、本当の自分らしさに気がつける。

自分の心で求める求める世界の姿。 その世界を作れるのは、誰でもなく自分自身である。

 

何を自分が求めるか

f:id:mubou_rakuzi:20200519091730j:plain

自分の心が何を求めていくか、その人の心を表現している。

一人一人で考え方や捉え方が違う世の中で、常に自分自身を見失わずに今を生きる。

その姿勢を忘れないでいくことが、自分の本当の心に気がつけるようになる。

他者に依存して期待ばかりする生き方では、何も得る事はできない。

いつでも誰かの力を頼りにしているようでは、自分の潜在能力を引き出す事はできない。

自分の力は自分自身で使い続けることで、その力はどこまでも伸びていく。

その力を伸ばせるのは、今の自分の力を把握する「自分の心」に眠っている。

 

何事も中途半端にしない

f:id:mubou_rakuzi:20200519091726j:plain

自分の限界を超え続ける事は、人生の幸せを手繰り寄せる1つのキッカケになる。

そのキッカケは、自分自身で表現していくものである。

自分が本気になれることを、最後の最後まで徹底していく。

その覚悟を忘れないことで、自分の心の制限を思いっきり外すことができる。

半端に物事を成し遂げようとせず、自分の感性を最大限に発揮させ続ける。

中途半端に挑まないことで、自分がの心に誠実で生きられる。

自分に嘘をつかないで最後まで自分の感覚を、 信じ続ける。

その普段の努力があってこそ、自分が心から求める世界を体得できるようになる。

 

まとめ

自分の心と向き合う 消して難しいことではない。

自分がやりたいことがあれば、それを徹底してやり切る。

その心の声に正直に生きることで、本当の自分を再発見できる。

自分の人生は自分で選べる。

その心を忘れないことで、自分が生きる道を自分自身で選択できるようになっていく。

人はいつでも自分の心と正直に向き合える。

 

 

最後までありがとうございます!

  

//目次に表示非表示ボタンを表示させる