MENU

自分の幸せを願う考え方3選

f:id:mubou_rakuzi:20200630213911j:plain

自分を幸せにする願い方が分からない。

 

そんな悩みを解決します。

 

 

 

目次

  1. 自分にとっての幸せを感じる
  2. 誰でも幸せになれる
  3. 幸せは広がっていく

 

自分にとっての幸せを感じる

世の中を生きる上で、自分が大切にしたい事は一体何なのか。

その問いかけを続けることで、自分が生きる目的が明確になってくる。

自分が望む大事なことは、常に自分の心が知り尽くしている。

自分の心は熟知しているが、肝心な自分自身がまだ気がついていないだけ。

その大切な本質に気づくには、自分自身で自分との対話を繰り返していくことが必要。

自分がどういった豊かさを希望しているのか。

その豊かさの形は、自分自身の経験で形作られていく。

今までにどういった経験を積み重ねるかで、自分が願う理想の生き方が見つけられる。

自分が本気で体感したい豊かさを、自分の気持ちから見つけ出そう。

 

誰でも幸せになれる

人間は不幸になるために生まれてきたわけじゃない。

生きることに、初めからどん底の絶望を感じなくて良い。

人生は自分の意思次第で、どこまでも変えることができる。

自分が願う世界のために、今からどれだけ行動を積み重ねられるか。

心で願うばかりでは、現実は何一つ変わってこない。

自分から積極的に幸せになる行動を、前向きに築いていくことが重要になる。

不幸になるか幸せになるか、それは自分の気持ちで選び取れる。

どんな状況が起こっても、起こってしまった事実は変えられない。

その事実は、未来も過去も同じである。

しかし、その事実をどういった解釈で理解するかは自由に選択できる。

幸せになりたいなら、シンプルに幸せになれる考えを選び取っていこう。

 

幸せは広がっていく

自分の幸せを考えることで、自分の行動にも変化が訪れてくる。

実際に身をもって行動する事が、今の現状を変化させる唯一の方法になる。

自分で自分のことを幸福にさせることができれば、それは必然的に周りに波及していく。

心が満たされて、ストレスを感じないリラックスな状態こそ、究極の幸せな境地である。

その感覚を自分で身に付けることで、周囲に目を向ける余裕を生み出すことにつながっていく。

自分の心がいつもギスギスしていては、相手に対しても冷たい態度をとってしまう。

常に自分の心を幸せにすることで、自然と周囲に対して幸せを届けられる。

 

まとめ

自分が幸せになる方法は、自分の幸せを明確にすることである。

どういったことに心の安らぎを感じるか、それを日々自問し続けることが大事になる。

現代社会の常識に執着せず、自分がやりたいことに目を向け続けていく。

その結果として、自分自身の幸せが実現されていく。

 

 

最後までありがとうございます!

 

//目次に表示非表示ボタンを表示させる