MENU

自分の今を受け止める考え方3選

f:id:mubou_rakuzi:20200611083242j:plain

現状の自分の心を受け止められない。

 

そんな悩みを解決します。

 

 

 目次

 

今の自分は何を感じているのか

現在の自分の心と向き合ってみる。

その向き合い方を続ける事は、自分の本心と正面から向き合えるようになる。

今の自分から逃げないで、自分の心と語り合ってみる。

その行動があってこそ、自分が心から掴みたい理想の世界を実現させてくれる。

自分がどこに向かって歩みを進めるのか。

その問いかけを忘れないことすすが、自分自身の成長として実感できる。

自分の気持ちを把握することで、今の世の中を客観視して捉えることができる。

客観的に見つめることで、これから自分がやっていくことを理解することにつながっていく。

今の世界をただ駆け抜けるだけじゃなく、目的意識を持つことで自分の生き方に自信を持てるようになる。

 

 

世の中と自分を俯瞰する

現実の世界を自分で見つめることで、自分が本当に感じたいことが見えるようになる。

自分自身がどういった世界に身を置いているのか、それを自分で理解することでん人生に希望を持てるようになる。

自分の人生は自分で見つめることが唯一の責任である。

その責任を果たす中で、自分が求めるべき自由を具体的に掴むことができる。

自由と責任は表裏一体であり、片方が書けるとバランスのない事実の中で身を置くことになる。

現実を知ることが、自分が本気で求める価値観を学んでいける。

世の中を客観的に見つめることを言って、自分ができることが見えてくる。

自分だからこそできること、それに目を向け続けることが新しい自分との出会いになる。

 

世の中をただ見つめる

自分が生きる世界を見つめることで、誰かと比較する生き方に別れを告げられる。

自分らしい生き方を体現するには、自分を理解するのと同時にこの世の中の流れを知ることが欠かせない。

客観的な世の中を見る姿勢が、自分の成長を後押ししてくれる。

冷静に社会の有り様を見ることで、自分ができることが見えてくる。

その中を眺め続けることが、自分の豊かさと正面から向き合う大きなチャンスとなる。

自分がいる世界を見つめる事は、自分自身の生き方を見つめることにつながっていく。

 

まとめ

今の自分自身の生き方を捉え直す事は、自分自身の生き方を見つめ直すことにつながる。

今の自分の心と話し合うことで、自分が求めることを実現できるきっかけとなる。

事実をどうやって受け止めるかが、自分が生きる世界を輝かせる。

違いの波にただ流されるだけじゃなく、自分の頭と心で感じる習慣を持っていたい。

 

 

最後までありがとうございます!

 

//目次に表示非表示ボタンを表示させる