MENU

自分を喜ばせる生き方 【人生をより豊かに生きよう】

f:id:mubou_rakuzi:20210214194249j:plain

人生を生きていて、自分の幸せを実感できるようにしたい。自分を喜ばせる生き方を知りたい。  

  そんな悩みを解決します。


本記事の内容

・自分を喜ばせる考え方




本記事の信頼性

この記事を書いている私は、現在ブログ歴10か月ほどです。 人生論を綴るブログ記事を300本ほど書いてきました。




今回は、自分を喜ばせる生き方をご紹介します。


  変化の激しい世の中で、自分を大切にする視点を持つ必要があります。


 

自分を大事にすることで、生きること自体に楽しみを感じられます。 




  いかにして、自分の心を楽しませるかを考えることが、自分の人生を豊かにする出発点です。


 

この記事を読むことで、自分を喜ばせる考え方を実践できるようになります。 

 


それでは、早速ご紹介していきます。

あわせて読みたいnote



自分の幸せを確立する


  人生を生きることは、自分がやりたいことを実現させていくことを意味します。


   やりたいことを素直に表現することで、人は生き方を決定できる喜びを感じます。


  

主体的に心地よさを表現するには、自分がどんなことに喜びを感じるのかを把握することが大事になります。 

 




幸せはみんな同じじゃない


個人の考え方は、誰かに介入されるものではありません。


 

どんな感情を選ぶかは、その人の自由意思で決めることができます。 




  個々人に幸せのカタチがあることを、優先して知る必要があります。


  自分を喜ばせる考え方は、下記の3つです。


  

自分を喜ばせる考え方
①大きな幸せがすべてじゃない 
②経験する日常を大事にする
③幸せのあり方を信じる




ひとつずつご説明します。




大きな幸せがすべてじゃない


  人が心地よさを感じる基準に、絶対的な水準は存在していません。


   それぞれが感じる幸せがあるなら、それを尊重する姿勢を大事にしたいところです。


  

個人の幸せには、大小に関わらず、その人が大切に守りたい幸せがあると思います。 




   幸せの大きさだけで、個人単位の幸福を一方的に定義することはできないものです。


  

幸せのあり方で競争することなく、その瞬間に幸せを感じるなら、それが一番だと思います。 

 




経験する日常を大事にする


日々の人生のなかに、人が求める幸せが存在しています。


 

自分が生きる時間をどうやって過ごすかが、そこにある幸せに気づくヒントになります。 




  限りある時間をボンヤリと過ごしても、得られる気持ちは満たされることはありません。


 

自分が感じたい幸せがあるなら、それを中心に据えて日常を生きることが大切です。 

 




幸せのあり方を信じる


 人生を歩んでいくなかで、自分が信じたい幸せを見逃さない意識が欠かせません。


人の幸福のカタチは、その人の価値観によって異なります。 




バラバラの価値観を無理に合わせようとしないで、自分が信じたい幸せを優先して選ぶ勇気が大切です。


自分だけの唯一の幸せが実感するできれば、それは自分を心から喜ばせることにつながります。 

 




まとめ:自分を喜ばせることを意識して、幸せな生き方を実現していこう


  今回は、自分を喜ばせる考え方をご紹介しました。


  人生を生きるなかで、自分が体感したい幸せを知ることは大事になります。


  自分のことを自分で喜ばせる方法と考え方を知っていれば、いつでも幸せな感情を経験できます。


 

生き方は、自分の選択次第で自由にアレンジすることができます。 

 


  今回は以上です。

あわせて読みたいnote