MENU

時代の流れを疑う【自らの心を表現する】

f:id:mubou_rakuzi:20200823114019j:plain

現代社会は多様な時代になっているため、時代の流れにただただ流されてしまう。自分が時代に翻弄されず、自分がやりたいことを表現する考え方を知りたい。

 

そんな悩みを解決します。

 

この記事を書いている私は、現在ブログ歴10か月ほどです。

人生論を綴るブログ記事を200本ほど書いてきました。

 

今回は時代の流れを疑う考え方をご紹介します。

 

今の時代だけを信じていれば、自分が本当にやりたいことを自由に表現する機会を失ってしまいます。

 

現代の環境を言い訳にしないで、自分本来の気持ちを自由に表現する喜びを実感していきましょう。

 

それでは、早速ご紹介していきます。

 

 

目次

現代社会の在り方

 

現代の社会はインターネットの登場によって、私達の暮らしは劇的に進化してきました。

 

その恩恵を受け取るように、現代は自由に溢れる生き方ができるようになっています。

 

しかし、それは表面的なものに過ぎず、本質的な部分では本当の自由を獲得できていない人が沢山います。

 

表面だけを色取る発展に恵まれても、人の気持ちの充足を図ることはできません。

 

時代が前進するのと同時に、私達は自らの首を絞める選択肢を毎回のように選んできたのです。

 

そこで、時代の変化に流されず、自分がやりたいことを自由に表現する必要性を考えていくことが、これからの時代に求められています。 

雰囲気に自分が支配されない

 

時代の変化にとともに様々な分野でが成長していますが、いずれ成長が頭から打ちになる現実が待っています。

 

今の社会は豊かさが法話している状態なので、新たな価値を創造することに限界を感じるようになります。

 

その状態に満足していれば、必ず人間社会は衰退の一途をたどるようになります。

 

現状を維持するすることは、そこからの変化を拒むことを意味しており、それが自分自身の豊かさを放棄する原因になります。

 

そのため、現実に納得してしないで、自分の心が求めていることを素直に表現する姿勢が大事になります。

 

立ち止まる勇気を持つ

 

時代の雰囲気に流されることなく、自分がやりたいことを信じる姿勢が、今の時代を豊かに生きていくヒントになります。

 

人は生きている喜びを感じるときは、主体的に考えて動ける瞬間です。

 

しかし、自分で感じたり考えることを捨てて、時代の流れに便乗しているだけなら、人は幸福を感じられないもの。

 

ただ闇雲に流されていないで、自分で自らの生き方をじっくりと向き合うことが大事になります。

 

自分の為に、自分の今までの歩みを振り返ると時間を設けることで、自分らしさを手に入れるヒントになります。

 

自分がやりたいこと

 

今のまで自分がどのような歩みしてきたか、そこを客観的な視点から眺めてみることで、自分がこれからやりたいことを素直に感じられるようになっていきます。

 

誰かに自分のやりたいとを発見してもらわずに、自身の生き方に責任を持つことが必要になります。

 

他人任せの人生では、自分の人生に誇りを感じることができなくなり、何のために自分が今を生きているかが見えなくなってしまいます。

 

時代や周囲の反応に惑わされることなく、自分の気持ちを自由に表現する姿勢を持ち続けよう。 

時代は自分を救ってくれない

 

自らがこの社会のなかで、純粋にやりたいことがあれば、それに意識を集中させていくことが大事になります。

 

時代の変化に一喜一憂している時間を、自らがやりたいことに時間を充てていく取り組みが、時代に何となく流されることを防いでくれます。

 

流されてばかりで、当の自分の気持ちが無い状態であれば、人生を諦めていると言っても過言ではない。

 

自分な生き方を自由自在にコントロールするために自分を自分で助け、豊かに成長させていく意識を忘れないことをが大事になります。

 

自分が何をやるべきか

 

いつも誰かに助けてもらおうと待っているだけでは、自分の存在と意思を見失うだけになってしまう。

 

人に対する依存を深めてしまと、それはいずれ社会に対する絶望感に繋がっていきます。

 

社への絶望は言い換えると、時代に強く依存している現状があります。

 

時代の在り方は個人で思う通りにコントロールできないので、自分ができることに集中していこう。

 

社会の常識が全てじゃない

 

自分がやりたいことを社会の現状のせいにしないで、今の自分がやりたいことの時間を投資することが大事になります。

 

その際には、時代の流れに身を滅ぼされないよい、自身の意思を明確に持つことが大事になりす。

 

今の時代は時間の経過とともに変化を遂げるので、永遠に変わらないものは存在しないのです。

 

常に変わる時代のなかで、自分が本当に何ができるのかを真剣に自分に問いかける必要があります。

まとめ:時代の流れを疑って、自分の本当の気持ちを表現しよう

 

今回は時代の流れを疑う考え方をご紹介しました。

 

時代の変化に自分を支配されることなく、自分の気持ちを実現するさせるため、自らの意思を見失うことなく、自分の信念を純粋に表現していきましょう。

 

最後までありがとうございます!

現代思想(2020 8(vol.48-1) 特集:コロナ時代を生きるための60冊

価格:1,760円
(2020/8/23 11:46時点)
感想(0件)

仕事2.0 人生100年時代の変身力 (NewsPicks Book)

新品価格
¥1,317から
(2020/8/23 11:47時点)

 

//目次に表示非表示ボタンを表示させる