MENU

【時間】人生の時間的な感覚を大切にする方法

f:id:mubou_rakuzi:20200711223148j:plain

人生の時間の流れが早くて、1日があっという間に終わってしまう。自分が使える時間の大切さを理解して、日常から使える考え方を知りたい。

 

そんな悩みを解決します。

 

この記事を書いている私は、現在ブログ歴10か月ほどです。

人生論を綴るブログ記事を200本ほど書いてきました。

 

今回は人生の時間をテーマに記事を書きました。

時間との向き合い方を変えることで、あなたが実感する時間を充実させことができます。

実際に行動しないと、時間は過ぎ去ってしまうので、できる部分から参考にしてみてください。

 

それでは、早速ご紹介していきます。

 

 

 

目次

 

 

 

人生における時間の価値

自分が生きる上で、時間の使い方を見つめる事は永遠のテーマになります。

1日24時間である事は、誰にとっても平等な事実であり、その限られた時間をどのように活用するかがその人の人生を決める。

何を考え、どんなことを経験しようとも、その人次第で時間の価値は変わっていきます。

人生における時間の価値は、その人の感覚次第でいくらでも磨き上げることができます。

 

人生の時間の質を高める

自分が生きる時間は、自分の考えと行動で自由自在にコントロールできます。

時間とうまく関わることで、自分が本気でやりたいことに集中できるようになる。

その感覚を自分で見出すことが、残された時間を自由に生きるきっかけになります。

人生の時間は、自分の意思で好きなように作り出すことができます。

作り出した時間が、最終的に自分が納得できる人生になっていきます。

 

時間の感覚を大切にする

自分が使う時間は、その瞬間を二度とやり直す事はできない。

過ぎ去った時間は、瞬間的に過去のものとなり、今の自分が手に取ることができない貴重な存在です。

1秒であれ1年であれ、時間の長さにかかわらず、自分の人生を決定づける「時間」であることには変わりは無い。

その普遍的な事実と向き合うことで、その日における時間の使い方を効果的に意識することができます。

1日の時間軸を大切にする事は、時間をどのような感覚で捉え直すかを見直す原点になります。

 

時間の流れを知る

人が経験する時間は、自分の意思と感性によって体感できます。

時計を見ることで理解する時間と、自分自身で感じる時間の質は大きく異なります。

自分自身で「体感」する時間が、自分が最も大切にしたい瞬間である。

自分が過ごす時間の流れを理解することで、今から自分がとるべき行動を変えることができます。

 

時間は待ってくれない

自分が使える時間は、自分自身のことをいつまでも待っていてはくれない。

今日まで時間が進んできたことで、今の自分が存在できています。

もし時間が進まなければ、自分が自分として存在できなかったはずです。

時間の流れを止めようとせずに、自分が今できることに全力を挙げて取り組んでいこう。

 

時間の感覚は自分で決められる

人生を過ごす中で、自分自身で体感できる時間は自由に決めることができます。

その習慣の中で、自分が納得する時間を大切に過ごしていきましょう。

自分がやりたい事をやることで、その時間を過ごす自分に刺激を与えることができます。

その刺激的な瞬間を送ることが、体感する時間を濃密にしてくれます。

普段からどういった意識で使うか、その考え方を自分から大切に意識していきましょう。

 

1日の時間を把握する

自分が過ごす1日を振り返り、どういった時間の使い方をしてきたのか。

その振り返りをすることで、これからの時間の使い方を見直せるようになる。

ただ何となくその瞬間を過ぎていても、人生に充実感と納得感は何も感じることができません。

自分が納得するの使い方は、自分でいかに納得できる瞬間を増やしていくかにかかっています。

 

まとめ:人生における時間の感覚を自分で受け止めよう

今回は人生の時間的な感覚を大事にする方法を紹介しました。

自分が生きる日常の中から、自分で時間の意識を大切に持って行動していけば、人生を迷うことなく歩んでいけるようになります。

時間との向き合い方を日々考え続けて、自分で納得できる時間の使い方を試してみてください。

 

 

最後までありがとうございます!

 

//目次に表示非表示ボタンを表示させる