MENU

時間と向き合う考え方 【人生は時間で彩られる】

f:id:mubou_rakuzi:20201025114217j:plain

自分が生きる時間のなかで、納得できる瞬間の重ね方がわからない。一度だけの人生だらこそ、自分が生きる時間を充実させる考え方を知りたい。  




そんな悩みを解決します。


今回は、時間と向き合う考え方をご紹介します。


本記事の内容

・時間の価値を知る
・人の始まりと終わり




本記事の信頼性

この記事を書いている私は、現在ブログ歴10か月ほどです。 人生論を綴るブログ記事を300本ほど書いてきました。




自分が生きる時間を作ることで、自分がこの世界で生きる土台を形成できます。


時間がなければ、人は自分がやりたいことを実現することが困難になります。


人生の時間の価値を見直すことで、自身の生き方を深く見つめなおすきっかけとなります。


この記事を読むことで、自分の時間を有意義な瞬間に変えることができます。 

 


それでは、早速ご紹介していきます。



あわせて読みたいnote



時間の概念


人が生きていくなかで、自分の過ごし方を考えることは大事なテーマです。


時間があるからこそ、人は自分が生きたいように行動を積み重ねることができます。


視覚で認識できない時間との向き合い方は、人生を有意義に生きるコツです。 

 





時間の価値を知る


時間の価値を自分から知ることで、自分のこれからの生き方を軌道修正できます。


何かをするにあたって、時間の存在がなければ前に進むことができません。


日常から過ごしている時間の流れは、あなたにとってどんな価値を提供していますか。


時間の価値を知る考え方は、下記の3つです。


時間の価値を知る考え方3つ
①自分の今を感じる
②他者の生き方が正解じゃない
③生き方に答えはない




1つずつご紹介します。




自分の今を感じる


自分の生き方を考えることは、必然的に時間の過ごし方を考えることになります。


自分から時間の存在を意識することで、目指したい生活を実現できます。 




時間という大枠だけを考えても、リアルに自分が求めたい内容を手にすることはできません。


1日のなかで、どんな時間の使い方をしているのか。


そこを自主的に振り返ることが、今という時間を鑑みる基本となります。

 


他者の生き方が正解じゃない


自分の時間を生きることは、誰かの生き方をそのまま踏襲することではないのです。


自分以外の生き方に傾倒しても、あなた自身が求める時間を獲得することはできません。




時間の使い方を見直すことが、自分らしい生き方を叶える原動力となります。


誰かの生き方に、自分が生きる時間が隠されているわけじゃない。


本当に大事にすべき時間の価値は、あなたがどう生きたいかと願う心の中にあります。 




生き方に答えはない


誰かの生き方に自分の時間を捧げていても、絶対的な幸せを享受できるとは限らないものです。


そもそも時間の概念に正解はなく、人によってそれぞれの時間の定義があります。  




その定義は、人それぞれが思うままに感じてるので、絶対的な時間はないものです。


生きた方の指針がないことを悲観せず、むしろ喜ぶことが大事です。


自由に生きることが、自由に生きるための時間を成します。 

 




人の始まりと終わり


時間を考えることを知ることは、人生の時間そのものに対する時間を意識する出発点となります。


人が生きられる時間は限定されているので、それを前提として生きることが大事です。


人の始まりと終わりを考えるコツは、下記の3つです。


人の始まりと終わりを考えるコツ3つ
①人生を俯瞰する 
②世界は未知で溢れている
③自分の考え方は世界の一部でしかない




1つずつご紹介します。




人生を俯瞰する


時間の使い方を考える前に、自分がどんな人生を送りたいのか。


そこを理解しないと、時間があっても手持ち無沙汰になるだけです。




どうやって生きていくかを真剣に深掘りすることで、初めて時間の過ごし方をイメージできるようになります。


世間の常識に流されるだけで満足しないで、自分の今を実感することが必要になっていきます。


時間の有無を気にしているより、自分がやりたいことを考え続けることを大事にしよう。

 


世界は未知で溢れている


時間をどう使うかを考えることは、自分の生き方を考えるうえで重要なパーツとなります。


そのなかで、自分がどう生きるかを知ることは、世界を広く俯瞰することで発見できることがあります。




自分が考える時間の使い方は、世界を生きるための常識の枠に囚われる必要はありません。


常識を破壊することで、自分が生きたい時間の存在に出会えるようになります。

 


自分の考え方は世界の一部でしかない


時間の存在を考えることは、人の生き方を客観的に知ることが大事になります。


時間の過ごし方がその人の一生を表現するものであり、時間と自分の関わり方を知る必要があります。




自分がどうやって生きたいかは、自分が知らない外の世界から刺激をもらうことで得られる瞬間があります。


自分の時間を知ることは、自分が知らない世界を知ることから始まっていくものです。 

 




まとめ:時間と向き合うことで、自分がこの世界で生きることを大事にしよう


今回は、時間との向き合い方をご紹介しました。


時間は目に見えるものではなく、自分から意識するものです。   




何となく日々を過ごしていれば、あっという間に人生が終わりを迎えます。


その瞬間までに、自分が何をやりたいのかを明確に知る必要があります。

 


今回は以上です。

あわせて読みたいnote


//目次に表示非表示ボタンを表示させる