MENU

時間を生産的に見つめる考え方3選

f:id:mubou_rakuzi:20200624220837j:plain

1日の時間が何となく過ぎてしまう。

 

そんな悩みを解決します。

 

 

 

目次

今の時間は戻らない

今が過去になるのは瞬間的

時間に生かされない

 

今の時間は戻らない

日常を過ごしていると、時間の感覚を雑に扱ってしまう瞬間がある。

その瞬間と意識を積み重ねることで、人生の終焉を瞬間的に迎えるようになる。

時間は待ってくれないから、自分がどういう時間を過ごしたいのかを考え直そう。

過去になった時間は、決して戻る事は無い。

戻らない時間を後悔しても、今その状況は何一つ変わることがない。

時間があってこそ、自分がやりたいことに専念できる。

豊かな経験と思考のために、自分が過ごしている時間の価値を見直していこう。

その意識があれば、時間をドブに捨てることがなくなる。

時間の使い方が、自分の人生をより豊かにしてくれるのは言うまでもない。

 

 

今が過去になるのは瞬間的

何となく時間を過ごしていても、今の自分が飛躍的に成長できるわけじゃない。

むしろ、自分の成長を阻害させる要因になる。

自分がどういった人生にしたいのか、それを明確に強くイメージする作業が欠かせない。

その理想を叶えるために、今の自分にとってできることが見えてくる。

できないことでもがき苦しむより、自分が持てる時間の深さを感じよう。

夢を実現させるには、必ず行動が伴う。

自分自身で行動するには、自ずと時間を使う必要が出てくる。

人に与えられた時間は、誰にも平等に与えられている。

現状に不平と不満をぶつけるだけじゃなく、自分が有意義に使える時間を過ごすことが大切となる。

後悔しない時間は、自分を豊かにさせる人生を作る。

 

時間に生かされない

現代社会は常に忙しさに忙殺されており、人々の生活は時間に追いかけ回されている。

そのように気持ちにゆとりがない生き方では、あっという間に人生が終わってしまう。

自分が生きたい人生は、果たしてその流れのままで良いのか。

自分の心に向き合うことで、これから自分が過ごしたい時間の価値が見えてくる。

ただ時間に追われるより、自分で時間をゆとりを持ってコントロールしよう。

与えられた時間は、永遠に続くものではない。

いつか終わりがあるのが、人生の時間と言うもの。

その事実を忘れないことが、自分の時間を大切に扱う糸口になっていく。

 

まとめ

時間を何となく過ごさず、自分が使える時間と丁寧に向き合っていく。

その姿勢を忘れなければ、時間をボンヤリ過ごすことがなくなる。

自分がやりたい事は、今を過ごす時間に委ねられている。

自分が成し遂げたい夢があるなら、自分が過ごす時間の価値を改めて考えてみよう。

 

 

最後までありがとうございます!

 

//目次に表示非表示ボタンを表示させる