MENU

人生をやり直しする考え方3選

f:id:mubou_rakuzi:20200526090125j:plain

人生をやり直したいけど、何を考えたら分からない。

 

そんな悩みを解決します。

 

本記事の要約

 

 

目次

 

自分がどうなりたいのか

f:id:mubou_rakuzi:20200526090116j:plain

今と言う現状を受け止めて、今の自分がどうありたいのか。

自分の心としっかりと向き合う過程で、今後の自分としての生き方を明瞭に出来るようになる。

誰かのために生きるより、まず自分が心から何を目指したいのか。

そこを自分で見定めることで、自分としての人生を豊かに歩めるようになる。

自分が進むべき理想像がなければ、自分がどうやって歩めばいいのかが分からない。

進む道が見えないなら、その人は永遠に迷子のまま人生を終えることになるだろう。

誰かに言われるがままの生き方をせず、自分の心に正直になって生きてみる。

それでこそ自分と言う生き方を、自分の中で再構築できるようになっていく。

 

今の自分と未来の自分を想像する

f:id:mubou_rakuzi:20200526090112j:plain

現実の自分がやれていること。

未来の自分がやっていること。

それらを自由自在にコントロールできるのは、果たして誰なのか。

その問いかけを自分の中でする事は、自分の人生をより楽しませることを意味する。

想像力を最大限に駆使することで、自分が今後生きるべき道しるべが見えてくる。

想像を自由にめぐらせる事は、自分の人生を革命できるチャンスになる。

自分自身と言う存在と、逃げずに正面から向き合い続ける。

その心の継続があってこそ、自分としての感覚を研ぎすますことができる。

過去を振り返らないで、今と未来だけを考える。

その考え方が、自分の人生をいつでもやり直しさせてくれる。

 

自分の想像でこそ、未来は開ける

f:id:mubou_rakuzi:20200526090109j:plain

自分が想像する事は、どういうことであろうとも現実の世界に訪れる。

逆に、想像していない事は現実として何も経験することはできない。

人は想像することを、現実の世界で何としてでも表現しようとする力を持つ。

消極的でも積極的であっても、内容にとらわれず、現実の世界でその想像力を発揮する。

自分の頭と心でイメージする事は、確実に現実世界とリンクする。

表現しようしない限り、自分の生き方を豊かに表現する事はできない。

イメージするためには、世の中の知見や知識を収集しておくことが大切。

想像力を膨らませるためのツールを、日ごろの生活からアンテナを張っておくことが求められる。

その積み重ねでこそ人生はいつでもスタートできる。

 

まとめ

人生をやり直すには、自分の想像力を発揮することが大切。

頭と心でひらめいたことが、現実の世界で表現される。

考えることをやめれば、人生のリスタートすら切ることができない。

自分が思ったように生きるために、自分の意思で考えることが大きな鍵となる。

自分の感覚で、いつの時代の生き方を変える事はできる。

 

まとめ

 

最後までありがとうございます!

 

//目次に表示非表示ボタンを表示させる