MENU

人生で革命を起こす考え方

f:id:mubou_rakuzi:20200610075821j:plain

自分の生き方を変化させたい。

 

そんな悩みを解決します。

 

 

 目次

 

 

周囲の感覚に惑わされない

周りの感性が絶対と言うわけじゃない。

感覚と言う見えないものに信奉するより、自分が大切に守りたいものを貫いていこう。

近くで見えないことにこそ、自分らしい人生の本質が隠されている。

その本質に気がつくかどうかで、今より豊かな人生を進んでいける。

世間体の評価を気にするあまり、自分の心を常識と言う鎖でつながなくて良い。

誰かの感覚を自分に当てはめるより、自分が信じることをまっすぐに表現していこう。

その表現方法は、人の数ほど存在しているし、自由に決めて良い。

自由に表現し続けることが、誰かに依存しない強さを獲得し、それが自分本来の生き方を実現させる。

 

自分で自分のことを信じる

自分と言う存在と向き合ってみる。

その行為があってこそ、自分としての感覚を明確に表現できる。

その感覚は自分の中でじっくりと育てる過程でこそ、自分オリジナルで磨かれるようになる。

そのオリジナル性を極限にまで高めることが、人生の醍醐味と面白さを表現する。

その表現方法は、自分の心でやりたいことを実現させることにある。

何かにとらわれるより、自分の気持ちを大切に生き続ける。

そのプロセスがあってこそ、自分の気持ちを自分で満たせるようになる。

自分の心が満たされれば、自分の生き方に誇りと肯定感を抱けるようになる。

何かにとらわれ続けた人生に、もうサヨナラを告げよう。

 

自分で自分の人生を作る

自分で感じることがあれば、それを素直に実践していこう。

その行動を起こし続けることが、自分の気持ちを大きくコントロールできる。

コントロールできないことに手を焼くより、自分が思ったことを誠実に表現し続ける。

その心があれば、自分が求める豊かさを掴み取れるようになる。

誰かに人生を制限されるより、自分で歩みたい方向を見据えてまっすぐに進んでいこう。

人生で進むべき道は、その人によって異なる。

だからこそ自分で歩む道に、自信を持って一歩ずつ歩んでいこう。

全会一致で認められる道などない。

その道を認めるのは、紛れもなく自分自身である。

 

まとめ

自分の人生を変えるのは、自分自身の心である。

誰かに人生をコントロールしてもらうより、自分で表現したい人生を心で大切に守っていこう。

自分の生き方を守れるのは、誰かではなく自分自身。

本気でやりたいことがあれば、それを愚直なまでにやり続ける。

その継続性があれば、自分の人生に革命を起こせるようになる。

 

 

最後までありがとうございます!

 

//目次に表示非表示ボタンを表示させる