MENU

自分の人生を考える意義 【自分が何をやりたいか】

f:id:mubou_rakuzi:20210209164553j:plain

人生を考えるなかで、生きる意義の正体が分からない。自分が人生の時間の中でやりたいことを問い直したい。 


 そんな悩みを解決します。


本記事の内容

・自分の人生を考える意義




本記事の信頼性

この記事を書いている私は、現在ブログ歴10か月ほどです。 人生論を綴るブログ記事を300本ほど書いてきました。




今回は、人生考える意義についてご紹介します。


  人生の過ごし方に決まりはなく、その人が選んだ道が人生の道となります。


  人生の意義を自分なりに考えることは、混沌とした時代を真っ直ぐに生きる起点になります。


 

この記事を読むことで、人生を考える意義について考えることができます。




それでは、早速ご紹介していきます。

あわせて読みたいnote



人生で何をやりたいか


自分の人生は、自分から選び取ることができます。


  どうやって人生を選ぶかは、その人の感覚によって異なります。


 

人生で何を選択するかが、自分自身の人生の意義を考えるきっかけになります。

 




誰にも止められない


  人生のあるべき姿は、個人が選ぶものです。


  

もし世界で人生のあり方が決められていたら、人は自由に生きることを諦めざるを得なくなります。 




   その人が信じる生き方は、その人が心から大切にすれば良いと思います。


   自分の人生を考える意義の考え方は、下記の3つです。


  

自分の人生を考える意義
①どう自分と向き合うか
②周りの意見は解釈でしかない
③自分の存在を確かめる




   ひとつずつご説明します。




どう自分と向き合うか


人生をどう生きるかは、自ら決断することです。


  他者の顔色ばかり気にしても、自分自身の生き方にプラスになることは期待できません。


 

自分以外の価値観に従うよりも、自分がどうしたいかを真摯に考える必要があります。 




  自分との向き合い方ひとつで、今日ある人生の扉を開くことができます。


 

他者からの評価に押される前に、自分がどう生きるかに思考のスポットを充てることが大切だと思います。

 




周りの意見は解釈でしかない


自分の人生の意義は、自分から自由に表現するするものです。


  日常を生きている中で、自分のことで判断に迷うときがあると思います。


 

心が迷ったときに、自分自身どうしたいのかを静かに問いかけてみることが大切です。 




  周囲の声に出して圧倒されると、自分の心が安定しないで揺らいでしまいます。


 

他者から発せられる意見は絶対視することではなく、価値観のひとつであること自覚することが大切です。

 




自分の存在を確かめる


他者の評価だけで自分の人生を決めてしまうことは、自分の心で考えることを放棄することになります。


 

人生の意義は、その人なりに考えたことが基本線となります。 




  他者の生き方を疑問を持たずマネしたところで、自分の人生に還元される本質はありません。


 

自分の心を振り返ることで、自分が誇れる生き方に出会えるようになります。

 




まとめ:人生を考える意義を考えることで、自分の生き方を見つめ直そう


  今回は、人生を考える意義についてご紹介しました。


  人が生きる意義は、その人でしか体感することができません。


  当事者が経験したことは、その本人が一番理解しているものです。


 

そのため、他者の言動を遵守することなく、自分がありたい人生を素直に表現していきましょう。  

 


  今回は以上です。

あわせて読みたいnote