MENU

人生の終わりはすぐそこにある 【人の一生は一瞬】

f:id:mubou_rakuzi:20201102064645j:plain

自らの生き方を考えるなかで、人生の最期を意識してしまう。後悔なく、自分が選んだ人生を生きる考え方を知りたい。    

 
そんな悩みを解決します。


本記事の内容

・人生は物語である
・終わりに向かう過程で気がつくもの




本記事の信頼性

この記事を書いている私は、現在ブログ歴10か月ほどです。 人生論を綴るブログ記事を300本ほど書いてきました。




今回は、人生の終わりについて考えてみました。


人が生きている限り、どこかで必ず人生の最期を迎えます。


その最期を迎えたときが、その人にとっての人生の集大成となります。


どんな経験が生きている途中にあっても、人生の最期は誰にでも平等です。


この記事を読むことで、人生の終わりを意識して、日常を大切に過ごせるようになります。  

 


それでは、早速ご紹介していきます。

あわせて読みたいnote


人生のカタチ


人生には、十人十色の形があります。


どんな生き方であっても、それがその人が大事にきたい人生を成しています。






人生は物語である


人が生きることは、自分にしか経験できないことを積み上げていくことです。


さまざまな経験を重ねることで、その人でしか感じることができない想いを大切に育てることができます。


人生は物語であることに気づく考え方は、下記の3つです。


人生は物語だと気がつく考え方3つ
①人の価値観はそれぞれが鮮やか
②正しい選択肢はない
③それぞれの生き方がある




1つずつご紹介します。




人の価値観はそれぞれが鮮やか


その人が感じることは、行動の基準を成しています。


行動の基準はバラバラであることは、間違いのない事実です。  




人間という属性は同じであるが、人としての中身が全く異なるものです。


それぞれが考えている価値観の存在は、思考停止で排除するものではありません。


考えることを放棄せず、人の価値観が鮮やかな色彩で染まっていることを知ることが大切です。 

 


正しい選択肢はない


人が生きていくなかで、どんなことであっても選択を迫られる瞬間があります。


何を選択するかは、自分の判断によって全てが最終的に委ねられています。


選択することを捨てないて、自分が知り得る選択肢の幅を広げておくことが大切になります。  




生きていれば、無限に選択肢が広がっていることに気がつけるようになります。


何を選ぶことで、あなた自身が納得できる生きがいを体感できるのか。


常に正しい選択肢はないので、自分が選びたい道を誠実に進んでいきましょう。 

 




それぞれの生き方がある


人生を生きるには、それぞれに人にしか体感できないことを経験します。


同じ経験であっても、経験する人にとっては捉え方が異なることが多々あります。


他者に同調することを求めても、そこからお互いに幸せになることはできません。


人生の終わりが平等に訪れるなかで、その過程で気がつけることがあります。


終わりに向かう過程で気がつくものは、下記の3つです。


終焉に向かうなかで気づくもの3つ
①自分にとっての人生の本質
②生きる希望の存在
③自分という物語




1つずつご紹介します。




自分にとっての人生の本質


人生が晩年に差し掛かるにつれ、人は今までの自身の生き方を振り返るときがくるものです。


振り返ることで、自分が本当に大事にしたいことに気がつけるようになっていきます。 




人生で本当に大事なことは、実はそれほど多くはないのです。


足し算思考ではなく、引き算で物事を突き詰めることで、人生で最も大切な存在に気がつけるようになります。 

 


生きる希望の存在


希望の存在を信じることで、自分が進んでいく道に確信を持てるようになりす。


希望があるからこそ、人は自分の人生を歩んでいけます。


他者の顔色を伺っているだけの生き方では、希望の光をなくしがちになります。  




希望の光が薄れていけば、いずれ灯火が消滅していきます。


希望の光は自分の信念を持ち続けることで、見失うことなく明確に前に進んでいけます。


人生と向き合い続けることで、自分が本当に大事にしたいことに気がつけるようになっていきます。 

 


自分という物語


人生は生きる人が自由に紡ぎ出す物語です。


生きてきた背景や経験が混じり合って、その人でしか体験できない人生が完成されます。 




人生の終わりを意識することで、今までに気がつかなかったことを発見できます。


永遠に続く人生がないから、人は今を生きることができるのです。


自分の人生は、あなたの生き方が詰まった物語です。 

 




まとめ:人生の終わりを身近に感じることで、生きる豊かさを実感していこう




今回は、人生の終わりはすぐそこにある考え方について書いてみました。


人生の終わりを意識することで、自分が本当に求める生き方を体現できるものです。


 人の人生が永遠に続がないからこそ、今を生きる自分を大事にしていきましょう。 

 


今回は以上です。

あわせて読みたいnote

//目次に表示非表示ボタンを表示させる