MENU

人生を賭けてやり遂げるコツ3選

f:id:mubou_rakuzi:20200502092927j:plain

 

人は何をやりたいか。

やりたい夢はたくさんある。

現代社会は豊かな暮らしや技術が飛躍的に発展してきた。

その現実の中で、何をやりたいかは自由に決められる。

決めることができれば、あとはやるだけ。

やるかやらないかは、自分で自由に決められる。

人生の中でやり遂げたいがあれば、何でもやってみよう。

 

  

 目次

 

 自分の目的は何かを考えてみる 

f:id:mubou_rakuzi:20200502092933j:plain

自分が生まれてきた理由は何か。

それは誰でも分からない。

誰かが絶対的な答えを示してくれるわけでもない。

その答えは自分で考えて、導いていくだけである。

他者に依存することじゃ、本質に迫る概念を考えることはできない。

まずは自分でやり遂げたい目的について思案を巡らすこと。

やってみたいことは、自分の心と正面から向き合うことが大切となる。

趣味を謳歌するのも良い、仕事のスキルを今よりも高めるのも良し。

自分の知らない世界があることを知る。

全てはそこから始まる。

知らないこことを知ることで、自分の好奇心を刺激する。

人生を賭けた目的に出会うには、そこからスタートすることが大切。

 

大きな目的でも小さな目的でも良い

f:id:mubou_rakuzi:20200502092918j:plain

行動を起こす前に、どんなことでも良いから始めてみる。

自分の興味に赴くままに、純粋にチャレンジしてみる。

チャレンジしたその先にこそ、自分が本当に知りたかったことに出会える。

出会えた瞬間にこそ、自分が生きている実感を体感できるようになる。

成し遂げると決意する事柄は、大小問わない。

自分が本気でやり続けたいことを考えて感じること。

実際にやるには、他者でも世間でもなく、自分自身であることを理解しよう。

 

その目的に対する熱量はどのくらいか

f:id:mubou_rakuzi:20200502092922j:plain

自分が掲げる目的。

それを叶えることで、自身の生き方は少しずつでも変化する。

その変化を楽しめるか否かで、今後の生き方は大きく変わってくる。

次第に変わってくる自分。

それをいかにして楽しむことができるか。

楽しむことで、今の行動に対する責任感も違ったものになる。

その責任感は自由への切符となる。

目的に向ける熱量を見失わない。

むしろ、自分の限界を突き破ることが大切になる。

やりたいことが見つかれば、あとは行動するだけ。

行動でこそ、現実世界の自分を彩り豊かな瞬間にしてくれる。

豊かな瞬間が増えれば、自分の可能性に気がつけるようになる。

気がつくことで、人は現状に不安を感じなくて済むようになる。

不安があれば、それは身を滅ぼすストレスとなって見に降りかかる。

その感覚と正面から向き合う。

向き合うことを恐れないからこそ、自分の目的を見据えることができる。

 

まとめ 

人生を賭ける目的があれば、目的を達成した景色を想像してみる。

想像することで、具体的に今に何をやれば良いかが具体的に見えてくる。

見えてくることで、それをクリアすればやるべき行動が新しくなってくる。

その感覚を大切に丁寧にすることで、続けた先の未来を実感できるようになる。

実感することで、心の豊かさをじっくりと考えられるようになる。

続けること。

それが人生を賭けた目的を達成する心意気です。

 

 

最後までありがとうございます!

 

//目次に表示非表示ボタンを表示させる