MENU

自分の人生を築く考え方3選

f:id:mubou_rakuzi:20200705105212j:plain

自分の人生に迷っている。人生の打開策を知って、これからの人生につなげていきたい。

 

そんな悩みを解決します。

 

目次

 

 

自分の気持ちに正直になる

生きることで、自分がやりたいことに気が付ける瞬間がやってくる。

その瞬間を自分で体感することは、これからの人生に彩りを与えてくれる。

その彩りは、確実に自分の生き方にとって前向きな作用が働き、やりたいことで日常を埋め尽くすことができる。

その自分にとっての日常を、自分に取手の幸せを再現する時間にしていこう。

自身の気持ちに嘘をついていては、自分の人生が誰かのものになってしまう。

自分の人生とは、自分自身で決断を重ねていくことである。

誰かに判断の責任を押し付けても、自分の現実は何一つ変わらない。

自分がこの世界でやりたい事を、誠実かつ正直な思いで実現していこう。

 

理想の願いは実現する

自分が考える事は、自分自身で現実で表現できる。

前向きなことを考えれば、その前向きな感覚を実際に体感しようと行動できる。

逆に、後ろ向きなことばかり考えていれば、それを実現させようと、脳が勝手に行動を起こす。

人は創造することを、自分自身で体感しようとする性質がある。

そのため、自分が思い描く理想があれば、それを失言させるイメージを綿密に設定することが必要になる。

どういったことを想像しても良いが、それは必ず自分がリアルに体感したいことに限定しよう。

自分が経験したくないことを想像しても、それは自分の感情に負担を強いるだけになる。

 

他人の人生を生きない

誰かの人生を生きたところで、自分が幸せになることができない。

自分が求める理想を追い求めることは、新しいステージに登る第一歩になる。

自分と言う人生は、自分自身で自由にアレンジすることができる。

人生における主導権は、常に自分の心が握っている。

その感覚を忘れずに、自分の貴重な日常を生きていこう。

誰かの日常を生きても、それは自分に正直になっていない。

自分が求める人生のために、今自分ができることを堅実に積み上げていこう。

その感覚があれば、自分らしい生き方を叶えられる。

 

まとめ

自分の人生を築くなかで、何を信じて進んでいくかは、自分の心で決められる。

信じることがあれば、それを自分の糧として自分を活かしていこう。

どんな人生であろうとも、誰かに依存した人生は退屈でしかない。

自分の気持ちに素直になり、今と未来のために後悔なく生きていこう。

その意識の集大成が、自分らしい生き方を実現させてくれる。

 

 

 

最後までありがとうございます!

//目次に表示非表示ボタンを表示させる