MENU

人生の醍醐味を知る考え方3選

f:id:mubou_rakuzi:20200504133936j:plain

 

人が生きることは、十人十色。

何が絶対的な価値であるかは、その人によって違う。

正解を求めようとするより、自分としての価値を知ることが大切。

他者と自分を必要以上に比べることで、何も生まれない。

比べることをやめて、自分の人生を満喫することを大切にしたい。

 

 

 目次

  

自分の人生の価値を考える

f:id:mubou_rakuzi:20200504133932j:plain

自分が生きる価値を考えてみると、何が必要かが次第に見えてくる。

必要なことを知ることは、今の自分の心と正直に向き合うことになる。

向き合う過程を経る中で、今後の自分がやるべきことが見えてくる。

情熱をかけてやりたいいことが出てくれば、それを真っ直ぐにやるだけ。

自分の人生の価値は、他者が決めるものじゃない。

自分で自由に決めることができる。

自問自答の繰り返しで、霧がかかった現状を明確にできる。

 

他者の価値観より自分の感覚

f:id:mubou_rakuzi:20200504133927j:plain

この世の中に絶対的な価値は存在しない。

存在しないからこそ、自由に自分を表現させることができる。

その繰り返しを経験する中で、自然に自分の中で感覚が研ぎ澄まされるようになる。

研ぎ澄まされる感覚が、現在の自分と未来の自分を助けてくれる。

自分を助けてくれるのは、自分が経験したことの積み重ね。

どこまで積み上げられるか。

そこを人生の醍醐味に据えてみると面白い。

 

どれも正解ではない

f:id:mubou_rakuzi:20200504133923j:plain

人の人生がある中で、どれも間違った価値観はない。

多様性に富んだ個人が存在しているから、この世界は面白い。

誰もが否定されることなく、自分のペースで生きられる。

それを貫徹させることで、これからの生き方を明確に知れる。

絶対的な生き方が存在しないから、自分の軸を曲げないことが大切。

自分の芯となる部分を認識する中で、自分にとって大切なことだけに集中できる人生を築けるようになる。

正解を求めるより、多様な価値観を受け止める柔軟性が大切になります。

人類の進化には、多様な価値観があったことが関係している。

別の視点で考えて意見を主張し合うことで、人類は発展してきた。

ただ、違う意見を否定したり批判することはナンセンス。

絶対的な答えはないのに、自分の価値観を疑うことなく信じ切ってしまうと危険でしかない。

疑うことをやめないで自分だけの考えに執着することは、あまりにもリスクが高い。

今の現代社会が、まさにそう。

どういう考えも存在していて大丈夫。

 

まとめ

必ずの生き方は存在しない。

だからこそ、1つの考え方に縛られることは自由を奪う。

自由でいるために、多様で多角的な感覚を持ち合わせることが重要になる。

こうあるべきという支配に自分を支配されないように、日々の生き方を見つめる覚悟が大切。

自分がやりたいことに集中すること。

それに意識を向けることが、人生を豊かに面白く生きる醍醐味になる。

 

 

最後までありがとうございます!