MENU

常識から飛躍する考え方3選

f:id:mubou_rakuzi:20200624205836j:plain

常識に縛られすぎている。

 

そんな悩みを解決します。

 

 

 

目次

自分の常識は自分で作れる

現状をあきらめない

自分の足で立ち上がる

 

自分の常識は自分で作れる

自分が生きる事は、自分自身で自由に選び取れる。

自分がやりたいことに、まっすぐに向き合い続ける。

その意識があれば、周囲の意見に翻弄される事はなくなる。

常識と言うのは、自分自身の行動を制限するための理由にしかない。

自分自身が今の現状に満足していないなら、新しい世界に向かって前進することが大事。

自分で行きたい人生があれば、それを叶えるために日々の時間を有効に使っていく。

時間の価値は、非常に正直なものである。

何もせずに時間だけを浪費させていると、自分の夢から必然的に遠ざかる。

自らやりたいことに向かって、一つ一つ具体的な行動を起こしていく。

自分の考えをぶち壊すことで、新しい人生を送れるようになる。

 

現状をあきらめない

現代の社会と環境にさいなまれずに、自分の気持ちに向き合っていく。

今の自分自身が何をやりたいのか、そこを正面から問い続けることで、自分が本気でやりたいことが見えてくる。

何かに助けてもらう意識があれば、その対象がなければ自分が生きられなくなる。

人は生まれた時は一人であり、死ぬ時も一人である。

人間は本来自分自身で力強く生きることができる存在であり、自分の意思を尊重できる存在である。

現代社会に依存せず、自分の力を信じて歩んでいく。

その心構えがあれば、どんな困難でも打ち破ることができる。

自分自身に希望と期待を抱くことで、自分自身を救うことができる。

 

自分の足で立ち上がる

世間が発信する情報は、非常に偏りがある。

その偏りを信じることが「常識」の形成につながっていく。

社会の常識は、必ずしも自分自身の常識ではない。

むしろ、大きく乖離していることがある。

自分がやりたいことがあれば、そのために今の自分を客観的に見つめていこう。

その気持ちを知ることが、今の現場から抜け出す原動力となる。

何を求めているかが、自分らしい生き方につながっていく。

どうせ生きるなら、自分の足で自立した生き方を体現していく。

誰かがすぐに助けてくれるわけでは無いから、自分ができることに集中して専念する。

その姿勢を忘れなければ、自分自身の常識をリセットして未知なる工夫に気がつける。

 

まとめ

自分の常識は、自分自身で自由に作れる。

社会が指し示すものが、必ずしも正しいわけではない。

人が存在すれば、その数ほど多様な常識が存在する。

自分の心で感じるものがあれば、それを信じて歩んでいこう。

 

 

最後までありがとうございます!

 

//目次に表示非表示ボタンを表示させる