準備できる部分を明確にする考え方 【行動の選択肢を作る】

世の中の不確定な状況によって、自身にできることが曖昧になっている。自分の選択肢を明確にしていきたい。    



そんな悩みを解決します。


本記事の内容

準備できる部分を明確にする考え方




本記事の信頼性

この記事を書いている私は、現在ブログ歴10か月ほどです。 人生論を綴るブログ記事を300本ほど書いてきました。




今回は、準備できる部分を明確にする考え方をご紹介します。


周囲の状態に一喜一憂する一方では、自身の選択肢の範囲を限定することになります。


どんな状況に遭遇しても、解決につなげる想定を準備することは大切です。  




目の前のことに絶望せずに、選べる行動と思考を選んでいきましょう。


この記事を読むことで、準備できる部分を明確にする考え方を知ることができます。 




それでは、早速ご紹介していきます。

あわせて読みたいnote




想定の範囲を広げる


自らの思考を停止していれば、日常に新しい発見を得られない。


幅広く思考を深める習慣があってこそ、実際に対応できる準備ができるようになります。


いつもと変わらない価値観に縛られず、未来を想像する姿勢を大事にしていきましょう。  






予想通りに動かない


世の中の動きに対して、自身の都合と解釈を強引に押し付けないことが大切です。


自身の考え方を過大に尊重していれば、本当の準備に思考が回らなくなります。   




応用が利く引き出しを柔軟に作っていきましょう。


準備できる部分を明確にする考え方は、下記の3つです。


準備できる部分を明確にする考え方 

  1. 自分にできることを知る
  2. ひとつずつ組み立てる
  3. 行動から変えていく


 

ひとつずつご説明します。




自分にできることを知る


現実の自分における実力を把握することで、思考の容量を幅広く空けることができます。


社会の空気感に引っ張られず、等身大の自分に合った行動を選択することが大切です。    




幻想でしかない評価を過信しない、心の落ち着きを日常から保つ必要があります。


現実に最適な自分自身を、世間の荒波に翻弄されず優先的に理解していきましょう。  






ひとつずつ組み立てる


漠然と今を捉えていると、それだけで人生の時間を虚しく消耗してしまいます。


一気に理想の状態を掴もうとせず、小さくても良いから実現可能性に目を向けていく。    




正面から現実を理解する姿勢が、準備できる部分を明確に整理することにつながっていきます。


日常の時間のなかで、自身が取り組むテーマを丁寧に紐解いていきましょう。   






行動から変えていく


思ったことだけで安心していれば、本質的な選択肢が隠れてしまいます。


自分が選択できる行動を、迷いなく取り組む気概を育てる必要性があります。   




頭のなかで現実に勝負する前に、自身に合った行動を着実に積み上げることが大切になっていきます。


社会に蔓延する空気感に支配されず、実際に行動のスイッチを入れていきましょう。  






まとめ:準備できる部分を明確にして、人生を有意義に送っていこう


今回は、準備できる部分を明確にする考え方をご紹介しました。


他者の価値観や状況を信じることは、自身の意思を放棄することになります。


自ら考えることを止めず、あらゆる可能性を主体的に考えることが大切です。


現実的な思考を持って、可能な準備を続けていきましょう。  




今回は以上です。

あわせて読みたいnote