ありたい人生と向き合い続ける考え方 【最終的に自分が何を選ぶか】

世間体の声に思考や感情が引っ張られて、ありたい人生像がぼやけている。周囲に人生を依存せずに、未来を自分から選んでいきたい。  

  


そんな悩みを解決します。


本記事の内容

ありたい人生と向き合い続ける考え方




本記事の信頼性

この記事を書いている私は、現在ブログ歴10か月ほどです。 人生論を綴るブログ記事を300本ほど書いてきました。




今回は、ありたい人生と向き合い続ける考え方をご紹介します。


生きたい人生があっても、周囲の環境と状況に責任を求めてしまうと、自分手動で考えることが難しくなります。


周りに依存している自分に、普段から自覚的に意識を向ける必要があります。




幸福に生きる道は、最後は自分で決定するしかありません。


この記事を読むことで、ありたい人生と向き合い続ける考え方を知ることができます。 



それでは、早速ご紹介していきます。

あわせて読みたいnote




自身の歩みを信じる


普段の時間を惰性で過ごせば、限られた財産である時間を消耗することきなります。


世間の言動に心を左右させず、自身を堂々と生かすことが重要です。


不特定多数の意見を観察することが、自身の歩みを信頼するヒントになります。 






周囲に迎合しない


自分以外の価値観を恐れていれば、萎縮して生きることになってしまいます。


本当に経験したい人生は、自分自身でじっくり選び取る必要があります。




他者に選んでもらったことで満足せず、主体的な幸福を選んでいきましょう。


ありたい人生と向き合い続ける考え方は、下記の3つです。


ありたい人生と向き合い続ける考え方   

  1. 生き方をシンプルに想像する
  2. 余計な負担を下ろす
  3. 選択肢を整える


 

ひとつずつご説明します。




生き方をシンプルに想像する


人生に決まった正解がない以上、社会全体に共通する答えは掴めない。


周りの基準を中心にしていると、それだけで視野が徐々に閉ざされてしまいます。 




複雑に価値観を絡めず、本質だけをシンプルに取り出す視点が欠かせません。


生き方を誰かに選んでもらわず、ありたい幸せな思いをカタチにしていきましょう。 






余計な負担を下ろす


周囲に受け入れてもらうために、自己を抑圧すると心を擦り減らしてしまいます。


内面に見えない負担を抱えると、目の前のことに手一杯になってしまう。




心に余分な心配を与えず、気持ちにスペースを確保しておく。


新しいことに挑めるよう、日頃から内面の価値観を整理しておきましょう。 






選択肢を整える


周囲から与えられた環境を全てと思っていれば、それを自身の常識として認識するようになる。


当たり前の感覚を通常運転にすると、その範囲でしか物事を考えられなくなります。  




周りの雰囲気に引っ張られず、自分が選びたい人生を堂々と選択していく。


不安や心配に潰されることなく、目の前の選択肢を丁寧に選んでいこう。






まとめ:ありたい人生と向き合い続けて、幸せを選んでいこう


今回は、ありたい人生と向き合い続ける考え方をご紹介しました。


世間体を常に気にしても、自身の居場所を味気ないものにしていきます。


周りと自分を競争させずに、自分が選びた方向を堂々と見据える。


これから歩みたい人生は、今日の自分に選択権があります。 




今回は以上です。

あわせて読みたいnote