MENU

世間と自分の関係性を知る 【より良く生きるために】

f:id:mubou_rakuzi:20210220164426j:plain

社会の動向に流されてばかりで、自分という存在を理解できない。世間と自分の関係を明確にする考え方を知りたい。 


 そんな悩みを解決します。


本記事の内容

・世間と自分の関係性を知る




本記事の信頼性

この記事を書いている私は、現在ブログ歴10か月ほどです。 人生論を綴るブログ記事を300本ほど書いてきました。




今回は、世間と自分の関係性を知る考え方をご紹介します。


  人が生きる中で、他者との関わりを通して人は自己の存在を確認しています。


 

誰かと比較することで自分を把握しようとし過ぎるあまり、自分のことが不明確になってしまう場合もあります。 




  適度に社会と関わることが、自分の生きやすさを実現させることにつながります。


 

この記事を読むことで、世間と自分の関係性を知る考え方に触れることができます。 




それでは、早速ご紹介していきます。

あわせて読みたいnote



生きている自分を知る


現代は日々さまざまな情報が流れており、多様な価値観が社会に溢れるようになっています。


  その状況のなかで、自分がどうありたいかを確認することが大切だと思います。


 

人と比べ過ぎず、等身大の自分を把握することが大切になります。 

 




確かめられるのは自分だけ


 世間の流れに沿うだけでは、自分の内面を知ることは難しくなります。


誰かに自分を証明してもらおうと期待しても、そのタイミングは都合よく訪れるとものではありません。 




人からの評価で自分を偽る前に、自分から自分と向き合う時間を作る必要があります。


世間と自分の関係性を知る考え方は、下記の3つです。


 世間と自分の関係性を知る 

  1. 自分の生き方を振り返る
  2. 人との競争を捨てる
  3. 今ある自分を感じる


   ひとつずつご説明します。




自分の生き方を振り返る


社会の物差しだけで考えていれば、自分の生き方を無意識のうちに曖昧にしてしまいます。


  現代の社会は大多数の声によって形成される傾向があり、少数の考え方が排除される流れがあります。


 

人は無自覚のうちに、今の自分の在り方を決めているものです。 




  社会の常識をそのままに受け止めるより、自分の感性と思考に磨きをかけることが大切になります。


 

社会に流されることなく、これまでの生き方を静かに振り返ってみる時間を過ごす必要があると思います。 

 




人との競争を捨てる


誰かと競争しても、最終的には自身の心身をボロボロにしてしまう可能性があります。


  他者と戦った先に、本当に自分の存在を知るきっかけに出会えるのか。


 

今までの人生を振り返るなかで、人と競うことの意味を問い直すことが大切になります。 




  誰かと勝負して自分の価値を認めようとしないで、今の自分をじっくりと観察してみることがオススメです。


 

他者との競争に勝つことより、自分の存在を確かめることに時間を投資することが、世間との距離感を保つことにつながります。 

 





今の自分を感じる


他者の生き方を批判していても、自分に撮ってプラスになることはありません。


  社会の当たり前に耳を傾けるだけでは、受動的な生き方しかできません。


 

生きることは、自分から歩んでいく道を選択することです。 




  主体的な意思を感じながら、明日に向かって人生を構築していく。


 

その原点は、社会に染まることなく、自分と社会を心地よい距離感でキープすることが大切だと思う思います。 

 




まとめ:世間と自分の関係性を知ることで、人生の道を確かに歩んでいこう


  今回は、世間と自分の関係性を知る考方をご紹介しました。


  自分という存在を知ることで、自分らしく生きていく方向が見えてきます。


  必要以上に自分を誰かと比べても、自分が生きる肯定感を下げることになります。


 

自分の人生は、社会との適度な距離感を意識することから見えてきます。 




今回は以上です。

あわせて読みたいnote