他者の生き方から離れる考え方 【自身の生き方を丁寧に体現していく】

相手の生き方に迎合してしまい、本当に自分が選びたい人生に近づけていない。多数派の考え方を完璧とみなさず、自分にできることから始めていきたい。    



そんな悩みを解決します。


本記事の内容

他者の生き方から離れる考え方




本記事の信頼性

この記事を書いている私は、現在ブログ歴10か月ほどです。 人生論を綴るブログ記事を300本ほど書いてきました。




今回は、他者の生き方から離れる考え方をご紹介します。


他者の人生観を完璧と思っていると、積極的な前進が叶わなくなります。


相手の動向に影響を受けずに、自分自身に意識を向け直すことが大事になっていきます。


この記事を読むことで、他者の生き方から離れる考え方を知ることができます。   




それでは、早速ご紹介していきます。

あわせて読みたいnote




同調に答えはない


周囲が信じ込んだ情報を、冷静な視点で俯瞰することが大切になる。


同じことを求めていれば、自分自身の存在を実感できなくなります。


自身を偽りで塗り固めず、等身大の自分を素直に信頼していきましょう。  






自分自身を信頼する


多数派が思い込んだ確信が、本当に正しい保証はどこにもありません。


どんな人生を自ら体感したいかを、自問自答するなかで明確化することが大切です。  




社会に溶け込む気持ちを加速させずに、自らの心の存在を自覚していきましょう。


他者の生き方から離れる考え方は、下記の3つです。


他者の生き方から離れる考え方  

  1. ありたい状態をイメージする
  2. 固定概念をリセットする
  3. 多様な価値観から学びを深める


 

ひとつずつご説明します。




ありたい状態をイメージする


与えられた情報に満足していると、それだけで人生の選択肢を閉ざすことになります。


自分自身が本当に掴みたい生き方は、待っているだけで手元にやってくることはない。 




ありたい未来のカタチについて、建設的に組み立てる気概を持つことが大切です。


当事者として人生を生きることが、他者に同化することを防いでいきます。  






固定概念をリセットする


自分の中で決まった概念を持ち出すことは、その場しのぎの安心感を得られるかもしれません。


瞬間的に安心を得たとしても、その状態が永続する妄想が膨らむだけになります。 




既知の知識にあぐらをかかず、世界を一歩ずつ外に向かって広げる勇気が大切です。


今の自分がどうありたいのか、具体的なイメージを心に描いていきましょう。  






多様な価値観から学びを深める


自分自身を過大に評価していれば、歪んだ解釈を暴走させてしまいます。


この社会は自分だけが生きているわけじゃなくて、多様な人がお互いに関わり合っていきています。  




その大前提を主体的に理解することで、不毛な争いを他者と繰り広げなくて済みます。


完璧だと思っていた価値観を、普段とは違った立場で眺めていきましょう。   






まとめ:他者の生き方から何離れることで、自身の生き方を見直していこう


今回は、他者の生き方から離れる考え方をご紹介しました。


外的な環境に翻弄されていれば、自身の価値基準を作れなくなります。


周囲の言動に振り回されることを当然にせず、本当にありたい希望を人生に表現していきましょう。   




今回は以上です。

あわせて読みたいnote