MENU

別れを思う考え方3選

f:id:mubou_rakuzi:20200604092459j:plain

別れの意義がどういうものか知りたい。

 

そんな悩みを解決します。

 

 

目次

 

別れとはどういうことか

自分が感じる別れはどんなものか。

それは自分で感じるものであり、自分自身で選び取るもの。

別れたと感じた瞬間に、人は大切なものを手放す。

大切なものと永遠に寄り添える保証はどこにもない。

いつかは人生が終わるなら、ものにこだわり続ける意義はない。

人の心身はいつか終わりを告げる。

あの世にまで持っていけるものは、カタチとして存在しないもの。

カタチにとらわれれいると、そこから先の幸せはやってこない。

自分にとって大切なことを知ることで、大事なものを見極める目を養える。

その意識を忘れないことで、別れの瞬間を何となく過ごすことになる。

本当に大切なことは何か。

自分で問い直すことで、今からの人生の歩みが変わってくる。

 

いつか人生は終わる

人生は必ず終焉を迎え、その人の生命の営みは終わる。

何かしようとしても人生が終わってしまえば、何も行動は起こせない。

今に残された時間を噛みしめることで、自分がやるべきことを明確に捉え直せる。

大切なことを知ることで、自分にとって必要じゃないことを取捨選択できる。

厳選した選択を積み重ねることで、自分が経験する別れの瞬間に価値を見出せる。

別れを他人事で捉えていると、自分自身にとって大切なことを見失う。

その経験で、自分が感じる別れの価値観を希薄なものにする。

じっくり「今」と向き合うことで、本気で自分の心で感じる人生の深みを味わえる。

いつか終わる人生で自分にとって何ができるか。

そこを自問することで、いつか必ずやってくる別れと向き合えるようになる。

 

後悔と別れの関係性を見直す

過ぎ去ったことを後悔しても、その時間が戻ってくることはない。

過去はいくら悔やんでも、戻ってくるものはない。

それは自分にとって、永遠の心の傷となってくる。

豊かな生き方を叶えるために、自分が何をしたいのかを知る術を知ることが大切となる。

時間は有限であるから、自分にとって大事じゃないものを躊躇なく捨てることが大事。

有限な時間を意識しないと、人生の時間は一瞬で過ぎ去る。

その意識を明確に捉えることで、経験する別れを本気で考えられるようになる。

後悔と別れは、人生の中で繋がっている。

本気で後悔と別れについて考え尽くすことで、自分の人生の質を高められる。

 

まとめ

人生を生きることは、必ずどこかで終わりを迎える。

永遠の人生はないから、自分で納得した生き方を大切にしたいもの。

誰かの考え方をそのまま受け入れるより、自分の頭で考え抜くことが求められる。

自身で思考し続けることで、本当に大切なことと向き合えるようになる。

別れを考えることは、自分が心から大切にしたいことと正面から向き合うことを意味する。

 

 

 

最後までありがとうございます!

 

//目次に表示非表示ボタンを表示させる