MENU

辞めたい人生を振り返る考え方3選

f:id:mubou_rakuzi:20200604100920j:plain

もう、今の人生をやめたい。

 

そんな悩みを解決します。

 

 

目次

 

自分がありたい理想は何か

今の人生に不満や不安を抱えているなら、それをどうやって改善していくのか。

そこを自分で考えることで、これからの生き方を改革することができる。

自分の人生を変えるのは、誰かじゃなくて自分の思考と経験によるもの。

理想があるなら、それに向かって突き進んでいこう。

できない理由を探すのは非常に簡単。

しかし、できる理由を考え続ける事を意識しない人は多い。

自分だからこそ「できる」理由を見いだす事で、自分が生きたい人生を進んでいける。

できる理由をじっくり考えると、それが自然に引き寄せられる。

自分の理想を見失わない事は、自身の人生に責任を持てるようになる。

今の現状に腐っているだけじゃなく、どうやったら今をより豊かな方向に変えることができるのか。

それをじっくりと考えていこう。

 

思い通りにいかないのが人生

自分のイメージ通りに人生が進まないなら、それも思いっきり楽しんでみよう。

その意識があれば、自分の人生に誇りを持てる瞬間がやってくる。

自分が感じる瞬間は、誰かがそっと届けてくれるものじゃなく、いつだって自分自身で見つめ直すことができる。

自分の見方を変える事で今の人生を、より幸せに生きられるようになる。

生きることをまず楽しむ事は、自分の人生を主体的に生きることを意味する。

自分がやりたいことがあれば、その感覚に近づける意識を持ち続けよう。

何を見つめるかで自分が感じる人生の質が大きく変わっていく。

 

状況をどう捉えるかが何よりも大事

目の前の状況に不安を感じているなら、それをどう自分の経験として落とし込むか。

その問いかけを自分自身でやり続けることで、本当の自分に出会うチャンスとなる。

そのチャンスは誰かが作ってくれるのを待つんじゃなく、自らの手で掴みに行くことが求められる。

自分の経験の幅は、いつでも自分で1ミリずつでも広げられる。

その可能性に自分で気づくことで、これからの生き方をより豊かに過ごせるようになる。

自分の思いによって、今の自分の生き方は変わる。

どういう感じ方をしたいのか、今一度自分の胸に手を当てて考えてみよう。

 

まとめ

人生は自分でいつでもコントロールできる。

「できる」ことに目を向ける事は、自分の生き方を肯定的に捉える絶好の機会となる。

その事実を自分で知る事で、誰かの常識に左右される人生じゃなくなる。

自分が生きたいように生きる。

それが本気で自分を生かすことになる。

 

 

 

 

最後までありがとうございます!

 

//目次に表示非表示ボタンを表示させる