MENU

相手の存在を認める考え方3選

f:id:mubou_rakuzi:20200626215141j:plain

相手の存在をどうしても否定してしまう。

 

そんな悩みを解決します。

 

 

 

目次

人の存在は面白い

自分の価値観が正解ではない

人の考えに間違いはない

 

人の存在は面白い

人間が生きる事は、自分自身の気持ちをまっすぐに表現すること。

その人の気持ちは、その人でしかリアルに理解できない。

自分以外の人は、自分が感じていないことを感じる力を持っている。

そのことに気がつけば、自分の周囲の人の存在に興味を持てるようになる。

自分以外の価値観に気づくことが、自分の生き方に幅を利かすきっかけになる。

自分自身だけと向き合っていては、自分の思考でしか正解を導き出せない。

自分という狭い世界だけでは、自分を超える考えに辿り着けない。

周囲の人が考える価値観に触れることが、自分自身の価値観と世界観を確実に広げてくれる。

その感覚に気づかせてくれるのは、周囲の人の存在である。

 

自分の価値観が正解ではない

世界には数多くの価値観が存在しており、それが確実な生き方である確証は無い。

その人自身は、自分の考えと考え方に絶対の自信を持っている傾向にある。

そのため時間の経過とともに、自分の価値観でしかものを考えられなくなってしまう。

そうなってしまえば、自分の人生を退屈なものにさせてしまうだろう。

他者の考えには、自分だけでは思いつかなかった発想が眠っている場合がある。

その人の意見に注目することが、自分の世界観を広げるチャンスになる。

自分が知っている情報や知識だけに偏らず、もっと広いを知る度量が大切となっていく。

自分自身だけで物事を判断すると、それ以上の面白さには出会えない。

 

人の考えに間違いはない

人には、その人だけが知り得る感覚がある。

どういう考え方であっても、その人の意見であることに変わりは無い。

人生には、実に多様な選択肢が存在している。

そのため、どの感覚を選んでも正解になる。

正解か不正解かにこだわっていては、自分が生きる世界を極端に狭くしてしまう。

人の考え方を尊重する気持ちが、自分が知り得なかった未知なる領域に連れて行ってくれる。

どの考え方であっても、それは必ず否定される権利はない。

人がどの生き方を選択しようとも、その人の自由である。

自分の生き方は、自分自身でいつでも信じる権利がある。

 

まとめ

相手の存在を承認する事は、自分自身の世界観を確実に広げてくれる。

自分以外の考え方に触れることで、自分が気づかなかった新しいことを学べるチャンスに変わる。

人が考えるな多様な意見に、じっくりと耳を傾けることが、自分と相手にとって必ずプラスになっていく。

 

 

最後までありがとうございます!

 

//目次に表示非表示ボタンを表示させる