MENU

生き方の自由さ 【思考の可能性を引き出す】

f:id:mubou_rakuzi:20210119065908j:plain

生きることが現代の社会に制限されている感覚がある。周囲の声に流されることなく、自分が生きる自由を考えていきたい。

 
 そんな悩みを解決します。


本記事の内容

・生き方の自由さ




本記事の信頼性

この記事を書いている私は、現在ブログ歴10か月ほどです。 人生論を綴るブログ記事を300本ほど書いてきました。




今回は、生き方の自由さについてご紹介します。


  人生を歩むなかで、その人が信じることを表現することが大事になります。


  本当にやりたいことを抑制することを推奨される世の中で、本当に自分自身が体感したい自由について考える必要があると思います。


 

この記事を読むことで、生き方の自由さについて考えることができます。  

 




自分が選ぶ自由




  普段から人が選択する自由は、その個人によって大きく異なります。


   自分の中だけで、自由のあり方を束縛しない意識が大切です。


  

世の中には、選択できる自由はたくさんあることに気づくことが必要になっていきます。  

 




やりたいことに正直になる


人が生きることに、絶対的な標準があることはありません。


 

明確な指針が存在しないなかで、自分自身で大切に守りたい「自由」について整理することが大事になります。  




  社会が一般的に大衆に求める「自由」だけを踏襲しないで、自分から問い直していきましょう。


  生き方の自由さを考えるポイントは、下記の3つです。


  

生き方の自由さを考えるポイント
①自由の定義を深掘りする
②誰かの基準に合わせない
③社会から一歩引く視点を持つ




ひとつずつご説明します。




自由の定義を深掘りする


世界はみんな同じ感覚を持っているわけではなく、一人ひとりが感覚として捉える自由は相違しています。


  一人ひとりが違った思考や感覚を持っているから、どれかに合わせることは無理な話になります。


  そこで、自分なりに思考と心を働かせることを通して、自分に最適な自由を考える必要性があります。


 

誰かに強制された自由を手離して、自らを解放する自由のあり方を考えていきましょう。  

 




誰かの基準に合わせない


自分の自由を改めて考えることは、社会や他者からの物差しから豊かに線引きすることにつながります。


  人の流行や評価だけに流されることなく、自らの基準を信じる勇気を思い出していこう。


他者が信じる価値観が、あなたにとっての幸せを実現するとは限りません。  




  人から指摘されて行動した結果、それは本当の自由とは言い難いものです。


 

他者と自分との競争を激しくする前に、自分が生きたい自由を大事にしていきましょう。 

 




社会から一歩引く視点を持つ




客観的な視野を持つことで、自分の生き方を明らかにできます。


  様々な情報に惑わされていると、何を自分が信じれば良いのかが見えなくなります。


 

 自分の視野だけを狭めることなく、客観的な視野の広さを大事にしていきましょう。 




  自身の「自由さ」とは、社会から自分を切り離す必要があります。


 

一般化された生き方を、改めて自分の感覚で疑ってみることが大切になります。 

 




まとめ:生き方の自由さを考えることで、自分が歩みたい人生を描いていこう


今回は、生き方の自由さについてご紹介しました。


  自分が生きている時代は、刻一刻と変化の一途を辿っています。


  変化の激しい世の中で、自分が大切にしたいことを純粋に表現していく必要があります。


 

自分なりの「自由」を改めて問い直すことで、これからの生き方の道のりを明確にしていきましょう。 




  今回は以上です。

あわせて読みたいnote