MENU

人生の本質を考えるポイント3選

f:id:mubou_rakuzi:20200502085850j:plain

 

生きることを楽しむ。

それが本来の人生と言うもの。

楽しまないで、自分の感覚が分からなくなってしまう時もある。

それもその人の人生である。

どれも否定しないで、素直に受け止めることで人生の本質を考えられる。

生きる本質を知って、人生の充実度を高めるコツを書いてみた。

 

 

 目次

 

生きることの意義を考える

f:id:mubou_rakuzi:20200502085856j:plain

人が生きること。

それをシンプルに考える。

複雑に考えると、何も考えられなくなる。

考えれば考えるほどに、自分の深みにはまってしまう。

はまってしまえば、そこから脱出することに苦労する。

それは、今の常識に縛られていることを意味する。

常識と言う概念を取っ払うこと。

それが「生きる」ことを再発見することに繋がる。

良い意味で今を疑ってみる。

それでこそ、自分の視点を常にアップデートすることができる。

生きることに疑問を持つことで、楽しめる瞬間が生まれる。

楽しめることが、自分がこの世界で生きている理由になるから。

 

惰性で生きていることに気づく

f:id:mubou_rakuzi:20200502085846j:plain

自分の人生を俯瞰して考えて見つめる。

その積み重ねでこそ、自分がやりたいことを知れる。

それが可能になれば、どこまでも自分を楽しめる。

楽しむことで、明日に対する希望も抱けるようになる。

希望があるのも人生、絶望があるのも人生。

両者にスポットを当てて考えられるかどうか。

ただ何となくで生きることは、自分の生き方を肯定し切れていない。

肯定することで、自分が生きていることを肯定してくくれるから。

何となくの惰性で生きていれば、ただ時代の空気に身と心を流されるだけ。

流されるとあっという間に人生という瞬間が終わる。

惰性より、自分の意思で自立することが一番大切な感覚になる。

 

人生はいつか終わる

f:id:mubou_rakuzi:20200502085901j:plain

人が生きていることは、いつかは終わりを迎える。

どうにでも好きなように生きていても、最後には終わる。

終わりがあるなら、好きなように生きてみる。

嫌いなことを継続していても、いつかは終わる。

終わる時は、儚い。

どう抵抗したって、最期の瞬間はコントロールできない。

生命を維持することは、自然の摂理に従うだけ。

その生命をどのように自分を花開かせるか。

それだけを純粋に考えられる喜びを感じていたい。

人間が生きている時は、永遠の瞬間と命はない。

どこかでタイムリミットを迎える。

その時までに、自分が納得できる生き方ができるか。

人生が終わる時に、自分の人生に納得感と誇りを心から感じることができるか。

それを目指す過程にこそ、人生における「本気の幸せ」がある。

永遠なる命はないことを自覚すること。

そこから自分を大切にするための本質をと向き合うことになる。

 

まとめ 

誰かに言われたから生きる。

人生はそう簡単なことじゃない。

そう無責任なことじゃない。

責任を自分で背負うことでこそ、自分なりの人生という証明を今に刻める。

自分の命に責任を持つ。

それが人生を納得して満足する存在にしてくれる。

人生で何を大切にするか。

それを考え続けることが、本質と向き合うコツになる。

 

 

最後までありがとうございます!

 

 

//目次に表示非表示ボタンを表示させる