MENU

恵まれた生き方を実現する考え方3選

f:id:mubou_rakuzi:20200523093630j:plain

 

 

目次

 

なぜ自分は恵まれたいのか

f:id:mubou_rakuzi:20200523093633j:plain

今の自分の生き方に疑問を抱えてはいないか。

どうして納得のいかない人生になっているのだろう。

その疑問から、自分の新しい生き方を定義できるようになっていく。

自分自身がどういう環境であれば、心から恵まれていると実感できるのか。

そこを細分化することで、自分の生き方が明確になってくる。

恵まれたい理由を自分の頭と心で考える、そうすることで、どうすれば状況を打開できるかが掴める。

恵まれることを絶対の幸せと考えず、自分が気持ちいいからワクワクすることを狙って突き進む。

恵まれているか恵まれてないかを決めるのは、自分の軸で考えること。

そっと自分一人で考えてみる経験が、本当に自分の環境に恵みを与えてくれる。

 

周囲の人間と比べすぎていないか

f:id:mubou_rakuzi:20200523093627j:plain

自分の人生は自分で決め続ける。

自身で決断する事は、自分としての生きる幅を広げてくれる。

何をしたいかを自分で選び取る、そこに人としての自由が存在している。

周囲と比較する事に、自分の満足を限界にさせる必要は無い。

他者と自分を比較しても、それは所詮比較の人生でしかない。

比べても自分の幸せが保証されるわけではなく、目の前の現実をどう生き抜いていくかが大切になる。

周囲の視線や評価を気にしすぎて、それを鵜呑みにし続ける事は自分自身を苦しめることになる。

自分という存在は、自分一人しかいない。

比べ過ぎないで、自分を自分で信じ抜く。

その心を忘れないことで、誰かと比べる生き方から解放される。

比べないで、自分の自由さを思う存分に表現し続けよう。

 

比較ではなく自分自身を生きる

f:id:mubou_rakuzi:20200523093622j:plain

誰かの操り人形になるんじゃなく、自分がやりたいことをに集中する。

心から熱中する事柄があれば、その時点で恵まれた生き方になる。

人が不幸を感じるときは、少なからず誰かとの比較に躍起になる時。

人はその数ほど、価値観は違う。

その事実の中で、誰かと正しさを競う言うことに何の意味があるのか。

誰かと比べないで、自分が生きたいように生きよう。

そこにこそ、自分が納得する人生と出会えるようになる。

 

まとめ

今の環境と状況に不満を抱えているなら、時代のせいにしてはいけない。

それよりも、自分ができることに目を向けていこう。

自分だからこそ「できる理由」を頭の中に巡らすことで、それは現実になる。

恵まれた生き方は、自分で気がつくほかない。

今の時点で、自分の生き方を俯瞰して振り返ってみよう。

 

 

最後までありがとうございます!

 

//目次に表示非表示ボタンを表示させる