MENU

人生を振り返る考え方

f:id:mubou_rakuzi:20200529215943j:plain

自分の人生の振り返り方が見えない。

 

そんな悩みを解決します。

 

 

目次

 

他者の評価に恐れない

f:id:mubou_rakuzi:20200529215946j:plain

自分の人生であるから、誰かの判断だけに依存しない。

誰かかの人生を選択して、まるっきりコピーしないで自分の生き方を見つめよう。

評価を過剰に意識しすぎると、自分の価値観が揺らぐ。

自身の価値観は、誰かと比較して生み出すものではなく、自分の心と向き合うことで生まれるもの。

社会の常識や大多数の考えに縛られず、自分がやりたいことをやり抜く。

自分がやりたいことをやる上で、他者の評価を基準にすべきじゃない。

他社の基準に自分を合わせることで、本来の仏文の生き方ではなくなる。

人からの評価を気にせず、自分の心に正直になって生きていこう。

 

自分の生き方に誇りを持つ

f:id:mubou_rakuzi:20200529215936j:plain

人生を見つめ直す中で、今まで自分が積み上げてきた事は一体何か。

今までの感覚を想い起こす事は、自分の心に誠実になれる。

自身の気持ちに誠実になれば、いつか必ずつかめる感覚がある。

その感覚は万人に強共通するものじゃなく、自分自身で自由に選び取れる。

誰かの生きたレールをそのまま踏襲するより、自分が進みたい道を選んでいく。

その過程を経て、自分がやりたいことに気がつけるようになる。

どういう道のりであっても、自分が自分で決めた道であることを見失わない。

生きていく中で、誰かのせいにするほど簡単な事は無い。

誰かに責任を押し付けても、現場は一切何も変わらない。

誰かにとらわれるよりも、自分の存在を大事にしていこう。

 

やりたいことに集中する

f:id:mubou_rakuzi:20200529215928j:plain

自分がやりたいことがあれば、そこに集中して今を生きていく。

自分の感覚は、自分でいくらでもコントロールできる。

その積み重ねがあってこそ、自分が自分としてこのように存在できる。

何か自分でやりたいことを見つけ、それを素直に表現し続けていく。

そうやって表現する事は、自分の心と正面から対話することを意味する。

誰かと比較することに本気にならず、自分との対話に意識を向けよう。

自分がやりたいことをやりきった先に、今まで気づかなかった自分自身と出会えるようになる。

やりたいことに目をそらさず、自分から掴みに行く覚悟が大切になる。

 

まとめ

自分の生き方は、いつの時代も自分でコントロールすることができる。

コントロールと言う、自分ができることに専念していく。

その姿勢と心があれば、どんな状況であっても人生を前向きに歩んでいける。

人生と言うステージを、ときには違う角度から眺めることで、従来の感じ方とは違う本質をつかめるようになる。

 

 

最後までありがとうございます!

 

//目次に表示非表示ボタンを表示させる