MENU

人生の歩み方を見直す考え方3選

f:id:mubou_rakuzi:20200522170411j:plain

 

 

目次

 

いま自分は何を渇望しているか

f:id:mubou_rakuzi:20200522170415j:plain

現代社会の中で、自分自身が本当にやりたいことを実際に体感できているか。

自分がやりたい事は、自分の意思次第でどうにでもコントロールできる。

自分が選択する道に、自身で責任を抱くこと。

それこそが、自分本来の生き方を決定付ける。

自分の心は、一体何に飢えているのか。

その見えない気持ちに、自分で気がつくことが人生の歩みを考えるスタートになる。

自分が心から求めることを現実世界で再現できれば、それ以上に幸せな事は無い。

幸せの瞬間を感じられる条件は、自分で生きる覚悟を明確に持つことにある。

自分の幸せは、誰かにコントロールしてもらうものではなく自分の手で掴み取るもの。

 

これからの未来に希望はあるのか

f:id:mubou_rakuzi:20200522170506j:plain

現代社会は常に激動の一途をたどっている。

多様な価値観がアップデートされ続け、世の中の本心が見えにくくなりつつある。

その状況の中で、常に自分自身の存在を見失ってはいけない。

世の中に絶対に変化しないものはないし、常に変わり続ける事が世界を成している。

自分と言うかけがえのない存在を、心からの大切に扱うこと。

その積み重ねで、自分がより行きやすい気候の世界を確立させる。

見えない未来に希望を持つ事は、いつでも誰でもできる。

激動の時代に流されず、自分がやりたいことだけを見据えていく。

最初からできないと諦めることで、自分の未来を極端にまで狭めてしまう。

これからの生き方に、希望を与えるのは自分自身の行動だけである

 

自分にとっての人生とは何か

f:id:mubou_rakuzi:20200522170408j:plain

生の哲学を考えるとき、人の数ほど多様な価値観が存在している。

その事実を自分で受け止めることが、自分本来の生き方を現実に体現できるようになる。

そもそも人生に明確な答えは存在しない。

学校のテストのように、答えが決まっていないのが人生と言うもの。

その答えを見つけるも探さないも、自分の行動次第。

なぜ人生の答えを発見したいか、それは自分の胸に対話してみると分かってくる。

自分にとっての人生のステージを、いかに捉えるのか。

それが自分らしい、本物の生き方を愚直に表現をするキッカケになる。

 

まとめ

人生の歩みは、自分でいかにもコントロールできる。

いま歩んでいる道に疑問を感じたなら、途中で方向転換することだってできる。

それを実行するかしないか、その小さな勇気と踏み出がこれからの豊かさを大きく左右する。

自分自身の生きる目的を明らかにする事は、人生を最高に幸福にしてくれる。

 

 

最後までありがとうございます!

 

//目次に表示非表示ボタンを表示させる