MENU

これからの夢を抱く方法 【人生を生きる】

f:id:mubou_rakuzi:20201016073200j:plain

今の時代を生きていても、自分がこれから何をしたいのかがわからない。夢を持つ必要性を知りたい。

 


そんな悩みを解決します。


本記事の内容

・自分の夢を知る
・大きな夢じゃなくて良い




本記事の信頼性

この記事を書いている私は、現在ブログ歴10か月ほどです。 人生論を綴るブログ記事を300本ほど書いてきました。




今回は、夢を抱く方法をご紹介します。


絶えず時代が変化しているなかで、自分がどう生きていくかを知ることが大事になります。


生きる方向性が曖昧なら、これからの人生も必然的に曖昧なものになります。


人生を進んでいく1つの目的を持つことで、今からの歩みを具体的に進めることができるようになります。 

 


それでは、早速ご紹介していきます。

あわせて読みたいnote




夢のチカラ


夢を抱くことで、自分の未来を信じることができるようになります。


現代は変化が激しい世の中ですが、自分がどこに向かっていくのかを理解することが大事になります。


これからの歩みを知るために、自分の夢について考えることが、あなたの人生を輝かせます。 

 

あわせて読みたいnote

自分の夢を知る


時代の変化があっても、自分が自分であることには変わりません。


どんな選択しても、それがあなたが信じた結果になります。


夢を持つことで、自分が自分として生きることに信念を持てるようになります。


自分の夢を知る考え方は、下記の3つです。


自分の夢を知る考え方3つ
① 好きなことを知る
②進んでいく方向性を知る
③社会に染まらない




1つずつご説明します。



好きなことを知る


自分の夢を知ることは、不確定な時代の生き方を学ぶことになります。


夢を持つうえで、自分の内面を深く掘り下げる作業を積み上げることが大事です。  




誰かの意見に流されるだけで満足することなく、自分が本当にやってみたいことを発見する勇気を持ちましょう。


自分がやりたいことは、他者からの評価を気にする必要はなく、自分の価値基準で判断して大丈夫です。


どんなことに自分の心が感動するのか、日常の時間を振り返ることで、自分の夢に出会えるようになります。 

 


進んでいく方向性を知る


自分がどんな人生を生きたいかは、いつも自分の心が知っています。


どんな生き方を選択しても、それがあなたの生き様となります。 




自分の人生を生きるなかで、何を心で感じ取るかが大事となっていきます。


現状のルートだけを人生の歩みに固定することなく、主体的に生きる道を選ぶ勇気を持ちたいところです。 




社会に染まらない


時代の空気に左右されず、自分の生き方を大事にして、今を感じていく時間を大切に過ごしていくことが大事になります。


自身の生き方を社会の型にはめるだけでは、どのように今を生きていけば良いのかを簡単に見失ってしまいます。




一般常識が自分らしさを体現する保証はどこにもなく、自分から自身の心を素直に表現する生き方を目指す心意気を持ちましょう。


社会の常識に圧倒され、自身を均一化させるだけでは、味気ない生き方しか実感できません。


自分で考えることを放棄しないで、自分の夢の形を自分から捉えていこう。 

 

あわせて読みたいnote

大きな夢じゃなくて良い


これからの人生を歩んでいくなかで、ひとつの常識だけで自分を生かす時間は終わりにしよう。


人の生き方には絶対的な正解が存在しません。


自分が見たい夢は、大小関わらず、夢の存在自体が、あなたの希望の光となります。


夢は大小ではない理由は、下記の3つです。


夢は大小ではない理由3つ
① 夢は原動力となる
②道標があなたを支える
③信念が自分の生き方となる




1つずつご説明します。



自分の原動力となる


人がどうやって生きるかは、その人の心が決めるものです。


誰かに自分の生き方を簡単に委ねることなく、自分の生き方を誇ることが大事です。  




夢はその人が生きていく道を明確にしてくれる役目があり、人生に迷うことがなくなります。


答えのない人生を歩んでいくなかで、自分が生きる道標を作ることが、自分の未来を心豊かにしていきます。


人生の原動力は、あなたが信じる夢にあります。  




道標があなたを支える


夢を信じることで、自分が生きることを確信に変えることができます。


歩んでいく道が見えなければ、今の時点からどこに歩みを進めていけば良いのかが分からなくなります。


夢という目的地を決めることは、これからの歩みを大事にすることにつながります。 




人生の生き方は、その人が感じるままに表現することが大事です。


自分が本気になることは、人生の可能性を引き出すことを表します。 

 


信念が自分の生き方となる


自分の生き方を成していくかは、自身の感覚を信じることから始まります。


自分の心を信じることが、自分の生き方を信じることになります。 




他者に自分の生き方を投げることなく、自分が今できることに集中していこう。


夢と信念は深い関係性にあるので、自分ができることを本気で見つめていきましょう。 



あわせて読みたいnote

まとめ:夢を抱くことで、これからの自分の人生を生きていこう


今回は、夢を抱く考え方をご紹介しました。


夢を信じることで、自分の生き方に自信を持つことができるようになり、新しい感性を持って人生を歩めるようになります。


人が感じる夢のカタチに正解はないので、自らが信じる道を鮮明に描くことが人生を豊かに生きるコツです。


自分が信じたい夢を探求することで、人生を生きる意義を見出せるようになります。 

 


今回は以上です。