MENU

誰かの生き方に正解を求めない 【自分が生きることを見つめ直す】

f:id:mubou_rakuzi:20210128202104j:plain

現代社会は情報が頻繁に行き交うようになり、何が自分にとって本質なのかが分からない。誰かに左右されることなく、自分の生き方を大事にしたい。 


 そんな悩みを解決します。


本記事の内容

・誰かの生き方に正解を求めない考え方




本記事の信頼性

この記事を書いている私は、現在ブログ歴10か月ほどです。 人生論を綴るブログ記事を300本ほど書いてきました。




今回は、誰かの生き方に正解を求めない考え方をご紹介します。


  現代社会はネットの登場で、数えきれないほどの情報が流されています。


  

情報が無作為に流されているなかで、自分の存在がフワフワと地に足が着かなくなってしまうことがあります。 




   外的な環境に生き方を依存するさせることなく、自分が大事にしたいことを具体的に見つめていきましょう。


  

この記事を読むことで、誰かの生き方に正解を求めない考え方を知ることができます。 

 


それでは、早速ご紹介していきます。

あわせて読みたいnote



常識は時代で変わる


時代が変わるなかで、人が最善だと考えることも変化していきます。


 

どんなことを考えるかは、その人の価値観によって変化していきます。




  その都度で変わることに一喜一憂していては、キリがなくなります。


 

社会が当たり前としている「常識」を鵜呑みにしないで、自分の生き方を静かに考え直すことが大切です。 

 




普遍の生き方は存在しない


現代を生きる人は、生き方の正解を追求しがちです。


 

間違いを恐れるあまり、自分から挑戦することを放棄している傾向が社会全体にある気がします。




   安定にこだわった先は、自分の人生を形骸化させることになりかねません。


  

誰かの生き方に正解を求めない考え方
①今の自分が何をやりたいのか
②生き方は自由である
③必要ないことを遮断する勇気

 


ひとつずつご説明します。




 

今の自分が何をやりたいのか


  他者の考え方に迎合することに安心していると、自分ができることが必然的に限定されていきます。


   自分を押し殺していると本当の自分に出会う機会が、結果として消滅してしまう。


  

一般的な考え方に自分を置き去りにしないで、まず自分の思考を働かせることが必要です。




   心を消滅してさせると、そこから前に進むことが一層困難なものになってしまいます。


  

誰かの物差しで人生を見定めることなく、自分が本当に「やりたいこと」に純粋でいよう。 

 




生き方は自由である


自分が生きていく道は、自分から決めることができます。


本来、人は自らに問いを立てて行動することに生きる喜びを感じていたはずです。


しかし、情報が活発に行き交うなかで、自分が本当に外せないことを外してしまっている現状があります。




自分から考えることで、生きることを肯定的に捉えられるきっかけを獲得できるようになります。


外的な環境に考えることを丸投げしないで、じっくりと自分から考えることが大切な気がします。 

 




必要ないことを遮断する勇気


他者の成功や経験にすがっていても、それは一時的な安心にしかなりません。


  目の前のことに執着していると、自分の視野が極端に狭くなってしまいます。


 

見える世界が限定されると、考えられることも同時に限られていきます。




   嫉妬や羨望を誰かに振り撒いても、その先は何も保証されることはありません。


  

自分の生き方を不安にさせることがあるなら、それを手離す潔さを獲得していくことが大切です。 

 




まとめ:誰かの生き方に正解を求めず、自分が生きたいように生きよう


  今回は、誰かの生き方に正解を求めない考え方をご紹介しました。


  人生の正解は、他者の模倣にあるものではありません。


  自分の人生を開拓できるのは、今いる「自分」だけです。


 

人のことを気にする前に、自分ができることにじっくり目を向けることが大事になります。 

 


  今回は以上です。

あわせて読みたいnote