MENU

人生に行き詰まりを破壊する考え方3選

f:id:mubou_rakuzi:20200520182643j:plain

 

 

目次

 

自分の今の現実を知る

f:id:mubou_rakuzi:20200520182640j:plain

自分がどういった生活をしているのか、そこを客観的に捉え直すことが必要。

これからの激動の時代を生き抜くためには、自分自身で己の心を知ることが求められてくる。

社会のあり方にただただ流されるだけじゃなく、自分の心と頭で考えることが大切になる。

自分が今やりたいことに気づくには、今を過ごしている時間と感覚を見直すことが必須。

過ぎてしまった時間は二度と戻らない。

その事実を自分でとらえることで、今後の自分の人生を新しく形作ることが出来るようになる。

誰かが言ったからその道を歩むのではなく、自分の意思と決断で前に突き進んでいく。

その覚悟を自分で見出すことで、今この瞬間の現実を客観的に見つめられる。

 

そこから自分にできることを考える

f:id:mubou_rakuzi:20200520182637j:plain

自分がやりたいことを明確に捉え直す事は、今の自分の行動を変えるきっかけになる。

自分が心からやり切りたいことを、目の前に表現していく。

その気持ちを忘れないで、胸に刻み続けることでが大切になる

社会の一般論に流されることなく、自分が情熱を燃やしてやりたいことをやる。

誰かに自分の人生を作ってもらうのをまたないで、自ら掴みに行く覚悟が大切。

今と言う現状に納得がいかないなら、自分で理想の世界を作り上げることに意識を向けよう。

誰かに心を依存させないで、自分の人生は自分で気づいていく責任。

その責任感があってこそ、自分らしい生き方を表現できるようになる。

 

考えたことを愚直に実践する

f:id:mubou_rakuzi:20200520182632j:plain

頭で考えたことを、そのままにしないで現実の世界で表現してみる。

人生は実際にやったものでしか経験できないことが、必ずある、

空想の夢物語で自分自分の夢を消滅させずに、主体的な行動で現実を手繰り寄せる。

他社の事はコントロールできないが、自分の事はいくらでもコントロールできる。

その事実を素直に受け止めることで、新しい挑戦に魅力を感じられる。

その感情を忘れずに入ることで、限られた時間を自分で素直に表現できる。

迷いや不安があっても、その考えに自信を持つ。

人生の限界を負わせるのは、紛れもなく自分自身の存在である。

 

まとめ

自分が生きる人生で、自分は本当に何をやりたいのか。

そのポイントを自分で分析し続けることが、自分としての生き方を明確に抱ける。

何も考えないでいれば、永遠に現状は変わらない。

現状維持に関心を抱くなら、未来の姿も何も変わる事は無い。

今の行き詰まりを作っているのは、いつも自分の心にある。

 

最後までありがとうございます!

 

//目次に表示非表示ボタンを表示させる