MENU

生きることをシンプルに捉える考え方3選

f:id:mubou_rakuzi:20200504141224j:plain

 

現代社会は多様な技術が発展するようになり、私たちの暮らしは劇的に進化している。

その状況の恩恵を受ければ良いが、かえって現代人の心を苦しめるようになった。

暮らしにおけるテクノロジーが発展してきたことで、同時に失われたこともある。

それは目には見えないことであることが大半を占める。

本当に人として大切なことは、決して目には見えない。

シンプルに生きることで、人生の捉え方を見直せるようになる。

 

 

目次  

 

他者の評価軸に左右されない

f:id:mubou_rakuzi:20200504141219j:plain

自分が生きる人生は、誰のものでもない。

自分の生き方は自分で決めるものであって、他者が責任を負ってくれるわけじゃない。

生きることを難しく考えてしまうと、そこから雪崩のように自我の存在を見失う。

社会から受ける無言の圧力に屈するだけじゃなく、それを意識しないこと。

意識しないことで、いつでも自分の感覚を信じられるようになる。

自分が生きる道は、自分で決めることを優先させたい。

 

決めるのはいつでも自分

f:id:mubou_rakuzi:20200504141211j:plain

日常は自分の人生における大切な1ページ。

そのページの内容を充実させるのは、自分の価値観で決まる。

自分のことを自分でやる気概を持つことで、未来志向の生き方を実践できるようになる。

その意識を日頃から積み重ねることで、自分自身の生き様は自分で決められる。

世の中の価値観は多様性に富んでいて、実に面白い。

その面白さを活用するからこそ、人生に楽しみが増えるわけであって。

どの生き方も正しいから、自分が納得できる選択を心がけたい。

 

自由になることを考える

f:id:mubou_rakuzi:20200504141215j:plain

シンプルに生きることを考えることは、自分としての感性に正直に生きること。

正直に感性と感覚に耳を澄ませることで、必ず聴こえてくるものがある。

誰かに制限を食らう生き方より、自分が主体的に考えた生き方を実践する。

束縛された生き方を選ぶより、自分で自由に決める生き方を全うしたいもの。

どんな生き方であっても、否定されるものじゃない。

評価は他者が自然にするものだから、自分で評価を気にする必要はない。

自分でコントロールできることが、本当の意味でも自由。

生きることを難しく考えない。

簡単に考えることで、生きやすくなるヒントになる。

わざわざ難しく考える必要はないし、できない理由を無理やり考えて正当化する必要もない。

自分の心の声に純粋になって行動を止めないこと。

シンプルに生きることを通して、自分としての自己実現を叶えられる。

それをシンプルに追求するだけで道は自ずと拓ける。

 

まとめ

生きると言う人間として根源的なことを考える。

現代社会では、生きることを深く考えない風潮になってきた。

考えすぎると、そこからの行動を起こせなくなる。

それと同時に、建設的な方向性を示すどころか、何を考えてもマイナスに作用するように心が乱れる可能性が出てくる。

解決できることだけを、計算して建設的に思考を積み重ねれば良い。

考えても解決しないようなことは、潔く手放す勇気が大切になる。

潔さがシンプルな人生を生み出してくれる。

 

 

最後までありがとうございます!

 

//目次に表示非表示ボタンを表示させる