MENU

人生の分岐点を体感する考え方3選

f:id:mubou_rakuzi:20200514164345j:plain

 

 

目次

 

自分が生きる瞬間を噛み締める

f:id:mubou_rakuzi:20200514164338j:plain

何をやって自分の人生を歩んでいくか。

そこを決めるのは自分であり、他者が親切に道を選んでくれない。

自分で歩んでいく道を自分自身で決める過程に、自分の幸せが待っている。

誰かに全てをやってもらうと、何も納得できる瞬間を体感することはできない。

納得した人生を歩んでいく中で、自分が過ごす時間の価値を味わう必要がある。

自分の時間の有り難さを五感で感じることで、自分の人生に責任を持てるようになる。

それを自分で考え続けることで、自分は何をしたいかが明確になっていく。

自分の生きる瞬間を考えることは、自分をどこに向かって歩ませるかどうかが明確になっていく。

 

何を目指すかを想う

f:id:mubou_rakuzi:20200514164350j:plain

自分が生きる人生で、何を自分は求めているのか。

そこを明確に考えることで、人生で進んでいく歩みを自分で感じられる。

道がなければ、ただ毎日を迷子の気持ちで歩むことになる。

迷子にならず、自分がやりたいことに集中していく。

その結果に、自分の人生における生き様を確認できるようになってくる。

自身の生き様は、自分で自由に選べる。

それが人生であり、非常にシンプルな考え方となってくる。

シンプルに自分がやりたいことを突き詰めることで、必ず後悔しない道を選べる。

生きる道を選ぶことで、その道で自分の存在を大きく輝かせられる。

一度立ち止まって、自分が決める道を心で明確にしてみよう。

 

人生で何を楽しむかを明らかにする

f:id:mubou_rakuzi:20200514164342j:plain

自分がやりたいことを決めることで、人生をシンプルに進んでいける。

生きていく上で、人生で悩みや不安はつきもの。

ただ、その抱える感情にどうやって向き合っていくか。

心の受け止め方を考えることで、得られる納得感と満足感は大きくなる。

その感覚を自分で確信に変えるには、自分としての生き方を鮮明に捉えることが大切。

どう人生を歩むか分からない状態でも、自分の心に問いかけを続けることで道は拓ける。

何でも良いから行動を続けることで、今後の人生における可能性が大きく変わってくる。

人生の可能性は、自分でいつでも変えられる。

 

まとめ

自分の人生を歩んでいく中で、どうやって己の道を選択するか。

そこを自分で明確に考え続けた結果、歩んでいける道の選択肢が広がっていく。

選択肢が広がっていく中でも、自分が進みたい道を選ぶ。

何も難しく考える必要はなくて、自分の心で選択する勇気を持とう。

人生の歩み方に正解はないからこそ、自分で自由に生き方を決められる。

 

 

最後までありがとうございます!