MENU

持たない暮らしが自分の心を整える【自由な生き方】

f:id:mubou_rakuzi:20200721205112j:plain

生きていると、様々なことに心を悩ませてしまう。

自分の心で抱える見えない不安や悩みが大きくて、抱えられない。

持たない暮らしを実現するコツを知りたい。

 

そんな悩みを解決します。

 

この記事を書いている私は、現在ブログ歴10か月ほどです。

人生論を綴るブログ記事を200本ほど書いてきました。

 

今回は、持たない暮らしをすることで、人生の悩みを解消するコツをご紹介します。

現代社会を生きていると、日々、色々な局面に遭遇して心をが疲弊してしまうことがありますね。

暮らしの中で「何も持たない」と心がけることで、自分のメンタルを整えることができます。

 

それでは、早速ご紹介していきます。

 

 

 

目次

 

暮らしを整える

時代が常に変化する現代において、何が絶対的な正解であるという基準は存在していません。

人が存在していれば、その分だけ人が信じる正しさもあります。

その時代のなかで、多くの人は自身の暮らしを安心して送れなくなっています。

いろいろな価値観に流されることで、自分にとっての最適な生き方が見えなくなっているからです。

そのような環境であっても、自分自身の生き方をしっかり整える意識は、豊かな日常を過ごす上で必要です。

自身が過ごしている環境を少しずつ見直すことで、自分のマインドを冷静に落ち着かせることができます。

 

現在の生き方を見直す

自身の暮らしを整える視点は、自分の気持ちも同時に整える効果があります。

世間の雑踏から離れて、自身の気持ちをリセットするのためにも、今の生き方を見直す時間を作ることが大事になります。

生き方を見直すなかで、まず自分がどういった環境の中で生きているかを見つめることが大切です。

仕事でも日常生活であっても、自分自身が関わることが多すぎると、人は気づかぬまに心をすり減らしてしまいます。

生きている以上は、自らの幸せをどんな状況であっても体感したいもの。

自分がどう生きたいか。

それを自らの心に問いかける時間は大切な役目を果たしてくれます。

 

モノやコト以上に大切なことがある

自分の生き方を見つめた先に、自身で送りたい日常の姿をイメージできるようになる。

その求めるイメージのなかで、自分が本気で大事にしたいことだけと心を通わせていこう。

自分にとって、本当に大切なことだけを堪能できる環境は、世の喧騒や氷菓に一喜一憂しない穏やかさを感じることができます。

生活のなかで関わるモノは、本当に自分を豊かにしてくれるのか。

仕事の人付き合いは、いまの自分にとって欠かせないパーツなのか。 

自らを振り返ることで、自分が大事にしたい事柄が鮮明に浮かびあがってきます。

 

自分の心は、答えを知っている

既存の環境に妥協して、自分の気持ちをずっと無視していれば、必ずどこかで心身ともに疲弊させる。

現状を見つめつつ、これからの自分が過ごしたい暮らしを想像して、それを実現させるには何が必要かを真剣に考えてみよう。

自分の心に語りかけることで、自分が叶えたい暮らしの姿が見えてきます。

暮らしや気持ちを整えるには、自らの気持ちを知ることが大事なステップになります。 

現実で求める答えは、いつでも自分の心が知っています。

 

生き方は十人十色

自分の生き方を大事にすることで、自分の心身を十分に労わるキッカケにもなり得る。

誰かに生き方を指南してもらうのを待っているだけじゃなく、自ら求める感覚を掴みに行く姿勢が大切になります。

行動する際には、社会から向けられる眼を一切気にしないこと。

そもそも、人の生き方に正解はないのだから、自分で感じることに自信を持てばそれだけで大丈夫。

人の価値観は人の数だけあるので、いちいち価値観の正しさを論争したって切りがありません。

それよりも、自分の心に従って、自分の今を整える行動を信じていきましょう。

 

自分にとっての幸せを再発見する

人の意見に翻弄されず、自分が信じることを真っ直ぐに表現することを大事にしていこう。 

誰かの意見が人生の全てではないから、まずは自身の気持ち大事にしていきましょう。

自らの暮らし方を整えるには、自分の感覚にしっくりくるやり方を選んでく。

自分が感じることができる幸せには、誰か他の人に選んでもらうものじゃないので、自分が信じることを信じていこう。

自分の気持ちに嘘をつかないことで、今の自分ができる方法を考えられるようになります。

 

自分に素直になってみる

自らの心を知ることで、自分の暮らし方を整える一歩を踏み出せるようになります。

そのなかで、自分が何を信じれば良いかが見えてきて、自分にと不要なモノや考え方を自然に選別できるようになります。

余計なことを持たないことで、自分の生きた方に自由を与えることができます。

持たない生き方は、自分の心に素直であり続けることを意味します。

 

まとめ:持たない暮らしで、自身の生き方を再構築しよう

自分の暮らしを見つめることで、何を持ち、何を手放すかが見えてきます。

社会の意見に翻弄されず、自分が信じることだけを大事にしていこう。

今回ご紹介した暮らしを整える考えを読んで、自身の生き方を考えるキッカケにしてみてくださいね。

 

 

最後までありがとうございます!

月10万円で より豊かに暮らす ミニマリスト生活

新品価格
¥1,188から
(2020/7/22 00:04時点)

 

//目次に表示非表示ボタンを表示させる