MENU

生き方に誇りを感じる考え方【自身の生きがい】

f:id:mubou_rakuzi:20200912183703j:plain

どのように自分の人生に自信を持てば良いかが分からない。自身の生き方に誇りを抱けるようにしたい。 




そんな悩みを解決します。


本記事の内容

・生き方に誇りを感じる考え方 
・自分の生きがいを理解する




本記事の信頼性

この記事を書いている私は、現在ブログ歴10か月ほどです。 人生論を綴るブログ記事を200本ほど書いてきました。




今回は、人生のなかで誇りを感じる生き方をご紹介します。


人が生きていくなかで、自分がどう生きていけば良いか迷う時があります。


その状況のなかで、自分が信じたい道を進んでいきたいものです。


この記事を読むことで、自分の人生に自信を持って毎日を過ごせるようになります。 




それでは、早速ご紹介していきます。


あわせて読みたいnote
目次



人生のこだわり




変化の激しい世の中で生きることは、自分の内面を信じることが大事になります。


いくら変化が起きても、自分自身は簡単に変わるものではありません。


自分が信じでいる軸を知ることで、自らの人生に迷いなく生きていけます。 




人生のこだわりを持つことが、自身の生きがいに充実感を持たせるきっかけになります。


生きるこだわりを持つことは、人生の信念を確固たるものとして信じることです。 



自分が信じる未来




人生で自分が信じることを持つことがで、生きる迷いや不安に心が支配されることなく、前を向いて進んでいけます。


信じるために気をつけたい3点をご説明します。


信じるために気をつけたい3点
①自分の夢を明確にする
②社会の混乱に動じない
③未来は行動の積み重ねで掴める




1つずつご説明します。


自分の夢を明確にする




自身がこれから目指す目的地を知ることで、自分がやるべきことが次第に見えてきます。


自分が進んでいく道が具体的にわかついると、その分、悩むことなく未来に向かって進んでいけます。 




自らが進んでいく道を信じるために、自身の価値観を振り返る時間を作り上げる必要があります。


自分が信じる道があることで、目の前に希望に満ちた景色を実感できるようになります。




社会の混乱に動じない




現代社会は日々多様な発展が繰り返されており、それが社会全体の発展につながっています。


しかし、発展している状況だけを捉えていると、自分にとっての本質を掴めなくなります。


社会の動向に左右されることなく、自分の信念を貫く覚悟と勇気を抱いていこう。 




社会を生きる一人ひとりが現代の空気感を醸成している原因であり、それを当てにする必要はありません。


変化の激しさに一喜一憂しないで、自分が信じたいことを日常から大事にしていきましょう。  




未来は行動の積み重ねで掴める




自分が本気で信じたいことに集中するなかで、自分の生きがいを十分に感じることが可能になります。


人の未来の姿は、誰もが正確に予測することはできないが、その理想に近づけることはできます。 




自分が日々の行動を積み上げることが、自分の未来に幸せを感じられるようになります。


どんな行動を積み重ねるかは、今から自由に選択していく意識を持つことが大事になります。 



こだわる人生を楽しむこと

自分の人生を生きていくなかで、自分がどんなことを優先していくか。


限られた時間のなかで、自分の時間をどこに振り分けていくかを考えることが大事になります。


人生が有意義になるポイントは次の3つです。


人生が有意義になるポイント3つ
①自分がやりたいことに集中する
②嫌いなことは捨てる
③ストレスから無縁になる




1つずつご説明していきます。


自分がやりたいことに集中する




時代の流れや社会の評価に左右されることなく、自分の心に意識を向けていく姿勢を持つことが大事になります。


自分が使える時間は無限じゃないので、いかにして時間と付き合っていくかを考える工夫を持つ必要があります。


やりたくないことに時間を費やしていても、自分の人生を豊かにすることはできません。 




人の考え方に同調するだけじゃなく、自分の意思を明確に持つことが大切になります。


意思があるところに集中力が生まれ、その時間が自らの幸せにつながっていくのです。 




嫌いなことは捨てる




自分の人生を送るなかで、自分が本気になってやりたいことをリストアップしておく必要があります。


人生の時間を充実させるために、自分の好奇心を最優先にしていくことがが、より豊かな生き方を展開できます。


そのため、自分が無意識のうちに苦しめられることから、距離を保つことが生き方に自信を持てるきっかけとなります。


嫌いなことに心を縛りつけないで、自分の心を自由に解放していく瞬間を意識していきましょう。




ストレスから無縁になる




自分の人生を歩んでいくなかで、人として気持ちが大きく揺らぐ瞬間があります。


その瞬間を経験することが、自分らしい生き方を追求する糧になり、そこなら学びることは多くあります。


ただ、その受け止め方を誤ると、自身の心を蝕む原因になってしまうので注意が必要です。 




そのため、外部環境から投げてられることにストレスを感じることなく、自分らしく生きることを大事にしていきましょう。


コントロールできないストレスに悩まされるより、自分がどう生きたいかを長期的な視点で考えてみることが大事になります。


自分を自分で苦しめることなく、自分自身の豊かさを発見する旅を楽しんでいきましょう。  




自問する時間




これからの人生を生きるうえで、自分はどんなことを考えているのか。


そこを整理し直すことが、自分の人生に正面から向き合うための準備になります。


自分がどんなことを考え、何を求めてているのかを理解することで、自らの生き方を深い次元で考えられるようになります。


誰かと考えないで、自分ひとりで考え尽くす時間を作ることが、自分の頭お心をキレイに整えることに役立ちます。



まとめ:生き方に誇りを感じることで、人生の生きがいを満足させよう




今回は、自分の生き方に誇りを持つ考え方をご紹介しました。


人は自分が主体的に生きられていると実感したときに、本当の幸せを心から感じることができます。


時代や社会の変化の波にさらわれないよう、自分が生きたい人生を作り上げる勇気と気概を持ちましょう。  




今回は以上です。


あわせて読みたいnote

//目次に表示非表示ボタンを表示させる