論理を使う状況を見極める考え方 【行動に結びつける】

日常的に考えた時間を、前向きな方向に使えていない。思考する方向性を、現実に結びつけていきたい。  

  


そんな悩みを解決します。


本記事の内容

論理を使う状況を見極める考え方




本記事の信頼性

この記事を書いている私は、現在ブログ歴10か月ほどです。 人生論を綴るブログ記事を300本ほど書いてきました。




今回は、論理を使う状況を見極める考え方をご紹介します。


外的な環境と自分の内面を複雑に捉えていれば、シンプルな発想が阻害されてしまいます。


意図して難しく考えることは、行動を変えるチャンスの芽を摘むリスクがあります。  




頭の中を少しずつ整理することで、自身の行動力を高められます。


この記事を読むことで、論理を使う状況を見極める考え方を知ることができます。  

 

それでは、早速ご紹介していきます。

あわせて読みたいnote




優先度を決める


頭の中の世界を、人生の事実として錯覚しないことが大切な視点です。


想像で作り上げた世界観には、証明できない不確実性が蔓延しています。


自分にとって幸せに生きる段取りを、ひとつずつ整理しておきましょう。  

 




現状維持を手離す


変わらない現実を肯定していても、幻想から抜け出すことを難しくさせます。


間違った方向に思考を進める危険性を、自分から修正する努力が大切になります。  




行動しないことを正当化する前に、漠然とした停滞さをリセットしていきましょう。


論理を使う状況を見極める考え方は、下記の3つです。


論理を使う状況を見極める考え方 

  1. 何事も準備し過ぎない
  2. 行動で仮説を確かめる
  3. 止まることに満足しない


 

ひとつずつご説明します。




何事も準備し過ぎない


思考に時間をかけすぎると、限られた時間を消耗するだけになります。


実際に動き出すことが、現実という人生をアレンジする糸口になっていきます。  




限定的な思考に執着する前に、行動量を徐々に増やすことが欠かせない。


準備した気になって終わりとしない、思考と行動の切り分けが大事になります。  

 




行動で仮説を確かめる


思うだけで人生を完成させることは、唯一の正解ではない。


空想を巡らせることに時間を使うことで、現実を動かすヒントを掴めなくなります。


ふわっとした幻想に不安感を募らせず、積極的に解決する行動力を磨いていきましょう。  

 




止まることに満足しない


その場に佇むことに快感を覚えていれば、行動しない言い訳作りに励むことにしかなりません。


行動を細分化する思考と実践を、ひとつずつ明確にしておく。  




その感覚を自分なりに自覚しておくことで、立ち止まる満足感を捨てることができます。


思うだけで重要なリソースを消耗しない、前向きな生き方を選んでいきましょう。 

 




まとめ:論理を使う状況を見極めることで、行動力を飛躍させていこう




今回は、論理を使う状況を見極める考え方をご紹介しました。


考える真似をしても、自身を変革させることは非現実なこと。


思考することを言い訳にしても、それは単なる逃げにしかなりません。


思考したつもりで終わらず、実際に経験してみることが大切です。  

 


今回は以上です。

あわせて読みたいnote